人気のレビュー

jkrabiさんのレビュー
友人が「映画が良かったと」と言うので、手に取ってみる。 少女を殺した犯人に遺族の祖父が「犯人を殺したら十億円」と懸賞をかけ、守る警察と、懸賞金目当ての警察官、自衛隊官を含む一般人、ヤクザ、その他と...
2014年09月09日
  • 花丸
yoshi2013さんのレビュー
とても面白い設定ですね、ありえないだろうけど、警察機構や銃器のリアルな描写に現実を感じます。 先が気になって一気に読める。 最後は少々あっけないけど、あえてその後どうなるのかは読者に委ねる余韻の作り方もありか、と。 読了後の解説でBEBOPHighSchoolの作者と知ってびっくり。
2014年09月27日
  • 花丸
kemurigumiさんのレビュー
森の石松の青春を描いたアウトロー時代小説。 痛快!! たまらなく面白いのに何度か落涙させられた。 パッと見、旧漢字とルビの多さに読みにくいかと思ったのだが、予想外の読みやすさに一気読み。 木内さんの持ち味である男気やセリフの魅力、心地よいリズム感は、時代が変わっても健在です。
2013年08月24日
  • 花丸
しろさんのレビュー
木内作品は3作目、「水の中の犬」「OUT&OUT」の後に何を読むかは悩んでいたのだが、安売りしてた為購入した。安直過ぎる理由である。 殺し屋を描いている、完璧なる殺し屋が何故完璧なのか?そしてその完璧...
2014年07月30日
  • 花丸
geekkayさんのレビュー
「水の中の犬」の続編です。 しかしながら主人公は別人になっています。 もちろん「水の中の犬」にも登場している人物ですが。 なるほど〜こんな続編の書き方があるのか!!と妙に納得しました。
2011年08月08日
  • 花丸
  • 花丸

もっとみる»

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、86万2193人の利用者が、 6061万365アイテムを登録して、654万4274件のレビューを書いています。

私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

ぢゅん子

抱腹絶倒の恋愛(?)マンガ

ぽっちゃり腐女子が、お気に入りキャラの死亡がショックで寝込んだことで激やせして超絶美少女となって、まわりのイケメンからモテモテでハーレム状態となるマンガ。
もうこの1行ですべてを物語っている作品です。この主人公の腐女子ぶりのブレなさがこの1人の美少女を狙い争うイケメンたちを翻弄していきます。
特に、BL好きな主人公たちが争うイケメンたちを見てウットリしたり、クリスマスにデートに誘われても「コミケがあるので」と断ったりとなかなかの腐女子ぶり。でも、イケメンたちはそんなまっすぐな彼女にどんどん惹かれていきます。
3巻にはそんなイケメンに最大のライバル登場と、盛り上がり中です。
ぜひお腹を抱えて笑いたい人にはお勧めの恋愛(?)少女マンガです。

GMOペパボ株式会社