第5回ブクログ大賞受賞7部門ついに発表!

人気のレビュー

今まで読んでこなかったのを悔やむくらい感銘を受けた。 難しそう、というイメージをぬぐって思い切って読んでよかった。 アウシュビッツなどの収容所で行われていたこと、それを知るということそのものも必要か...

  • いいね!
  • いいね!

『いや、面白かった〜』ともう一度 最初から読み始める。 きっとそれは、全く違う小説になっているはずだ。 これこそ小説の醍醐味だと思う。 小説が持つ可能性というフィールドを 縦横無尽に軽やかにストーリーは駆け回る。 それが心地いい。 そして、語り口! (彼)に言わせると古い手法らしいが、 その語り口は、独特のユーモアとリズムを この本に与えている。 面白い小説を読んだという充実感がすごい。

  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!

もっと韓国語での絡みが欲しかったけど日本のドラマなのだから仕方ない。 長瀬智也にはピッタリの役だったと思う。 吉岡里帆の涙を拭う仕草はよかった。 坂口健太郎の少し世間知らずな役はハマっていた。 大竹しのぶはさすがとしか言えない。 池脇千鶴がやはりすごかった。 大西礼芳はこれから頑張ってくれそう。 宇多田ヒカルの主題歌はまたもや名曲。 韓国のオリジナル版も見てみたい。

  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!

日本の怪獣とロボットが、外国でとりあげられる。 なぜか、不思議な 感覚だ。 ロボットを二人で、操縦すると言う理由がわからないが それが、映像的な効果を生み出している。 二人は、脳の情報を共有する。 ...

  • いいね!

もっとみる

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、104万5403人の利用者が、 7751万4529アイテムを登録して、812万5116件のレビューを書いています。
ツイートする