【ブクログ献本企画】Twitterで応募しよう!直観で選ぶ名作文学 !P+D BOOKSのペーパーバック版既刊39タイトル、一挙78名様献本企画開催です!【6月30日まで】

人気のレビュー

配置場所:摂枚普通図書 請求記号:159||M 資料ID:95160146 松浦弥太郎氏は、『暮しの手帖』編集長でもあり、多くのファンを持つエッセイストです。若者のみならず、生き方や仕事に悩む人たちに大きなヒントを与える本です。 (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • いいね!

+++ 朝から妻に小言を言われ、満員電車の席とり合戦に力を使い果たす高橋は、どこにでもいるサラリーマン。しかし会社の開発事業が頓挫して責任者が左遷され、ところてん式に出世。何が議題かもわからない会議に...

  • いいね!

17歳のセシルは父からの愛や、シリルとの愛を手に入れるために計画を立てる。 父親の新たな恋人アンヌを、幸福を邪魔する存在として恨んでいたセシルが その計画によりアンヌを失った時、その全ては「悲しみ」に...

  • いいね!

村田さんの初期作品。これならYAの本棚に入っていても違和感ないような気がした。小中学生からでも読めそう。ただしスクールカーストもの。 小5クラスの独特な雰囲気が出ていて妙に懐かしさを感じた。塚本...

  • いいね!
  • いいね!

もっとみる

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、97万6240人の利用者が、 7112万690アイテムを登録して、749万5255件のレビューを書いています。

終電ちゃん(1) (モーニング KC)

藤本 正二

明日からの元気がもらえる、人情味あふれる終電ちゃんと、乗客たちの終電をめぐる物語。

残業で遅くなった、同僚と飲んできたなど、様々な事情で利用する終電。
新宿駅、中央線の最終電車、終電ちゃんは乗客の名前を呼んだりしながら乗車を促し、ときに山手線や小田急線の終電ちゃんたちと連絡を取り合い、接続調整をしながら、すべての乗客を無事に帰るべきところへ送り届けます。
ぶっきらぼうだけど、それぞれの事情を気遣っての判断や言葉は、日頃電車を利用している情景と重なり、癒やされます。
「おまえたち、明日は必ずもっと早い電車で帰るって約束しな!」
終電ちゃんには会ってみたいけど、終電のお世話にならないような生活を心がけながら明日も頑張ろう、そう思わせてくれる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする