人気のレビュー

「誤算」「失楽園」「追跡」「暗号名ケルベロス」の4編(内、暗号名ケルベロスは前後編)収録の3巻。 このうち、失楽園以外がアニメで取り上げられていました。 アニメ本編で一番腑に落ちなかった暗号名ケルベ...

  • いいね!

言葉が出ないほど打ちひしがれた。 絶望。 見なきゃ良かったと思ったが、やっぱり見るべきだった。 小学校の時、はだしのゲンを読んで、死の恐怖を感じた時と同じ衝撃。 絶対にこんな死に方はしたくない、と思う...

  • いいね!

一気に読み終わった。凄い。淡々と続く男女のこじれたストーリーを、淡々と流しあるく主人公。 ラストに巡るまさかの展開までの伏線がとにかく凄い。 淡々と進みすぎて驚く場所を見失うほどです。 黙々と読み続...

  • いいね!

人生初・倒叙推理小説。 序盤は話がどこへ向かっているのかよくわからなかった。 が、読み進めるうちに義理の父だった曽根への憎悪、恐怖、殺意。そして殺人に至る経緯や計画が緻密に語られていく……。 そうか、...

  • いいね!

印象に残ってるのは、「とりあえず形を作ってみてほしい、そこから考えたいという仕事は受けない。課題の分析が出来ておらず、着地点が分からないまま仕事を進めれば、スピードをあげることもクオリティを高める...

  • いいね!

もっとみる

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、98万7284人の利用者が、 7244万643アイテムを登録して、762万4966件のレビューを書いています。

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンとのやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする