人気のレビュー

利休の切腹で終わった、利休と秀吉との関係は濃密でありつつ謎が多く、数多の作家の創作意欲を刺激する。 本書では、本能寺の変や中国大返し、文禄・慶長の役の黒幕として利休を描く。秀次切腹の裏にも茶人がいた。 信長以降、戦国大名の間に茶の湯が流行し、茶人が政治に接近していた状況が可能にする想像だろう。

  • いいね!

史実を元にしたフィクションであるが、知られざる千利休の人生、戦国時代の天下を揺るがすほどの大規模な戦いが数々と行われていた中で、戦国武将らの癒しがお茶とされていたのである。秀吉と千利休との関係、天...

  • いいね!

サイコパスがひとつのテーマとなっているのだけれども、 そういったサイコパスに物怖じしない、死神がいる、 というのが、これまた痛快でならない。

  • いいね!

何回も読み返したくなる名言がある。ただの謎解きじゃない。

  • いいね!

設定とお金のかけ方はほぼ満点。 脚本が五流。小学2年生レベル。 このゲームを行う理由はわからないでもないが、ルールに思想が無さすぎる。 よくこの誰がやってもそこそこ面白いはずの設定でギャグマンガ作れましたね。 さすがYahoo!映画2点台。統計学は嘘つかない。

  • いいね!

もっとみる

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、99万7707人の利用者が、 7339万1502アイテムを登録して、771万3868件のレビューを書いています。
ツイートする