人気のレビュー

作画がとてもいいのでグイグイ引き込まれる。ギャンブル漫画だが、計算ずくのガチの頭脳戦というよりは、心理戦、運の要素が強い。あくまで少年少女たちの駆け引きを楽しもう。

  • いいね!

任侠グルメ小説の第2弾。前作を読んでいれば、コワモテのランチワゴンの店主・柳刃の素性が分かっているので、自ずとストーリーが読めてしまう。それ故、作者も、この第2弾をどう描くのか、悩んだのではないだろ...

  • いいね!

【大反響のグルメサスペンス。お待ちどお!】頬に傷、どう見てもその筋の男だが、彼のつくる料理は絶品! グルメサスペンスという新ジャンル(?)を切り拓いたシリーズ第2弾。

  • いいね!

寒い季節にも食べたいホット&スパイシーなレシピが盛り沢山。汗かきながら食べたい!

  • いいね!

1作目は派手なドンパチから始まったが、今回は、主人公にとっては衝撃事件だが、静かなお仕事行き詰り小説の幕開けだ。 柳刃さんは懐かしいし、相変わらず料理も美味しそうだが、正体が分かってしまっている分、緊張を保って読むのは難しい。 最後に捜査のことを説明してしまうのも、やっつけ仕事のようになってしまった。 しかし、3作目が出たらまた読んでしまうだろう。

  • いいね!

もっとみる

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、95万6408人の利用者が、 6902万1495アイテムを登録して、730万3462件のレビューを書いています。

ヒナまつり 1 (ビームコミックス)

大武 政夫

ほのぼの日常系ギャグ漫画です

若手のヤクザの部屋に突如あらわれた主人公で常識知らずの超能力少女ヒナ。ヒナは街を破壊するほどの力を持つ超能力少女である。そんな二人と、ヒナを抹殺するためにやってきたライバルなどが登場する本作ですが、特に超能力を持った物同士のバトルマンガとかではなく、ほのぼの日常系ギャグ漫画です。
超能力を使ってあっちむいてホイや、学校の勉強でカンニングのために力を使った、たまにビルを破壊したりはしていまいますが、とてもほのぼのした展開となっています。
本作の見所ですが、主人公のヒナやヤクザの新田を取り巻くサブキャラクターです。特にヒナの同級生の三嶋は中学生ながら、なぜかバーテンをやっていたり高級マンションに一人で住むことになったり、そんな非日常な感じがジワジワくる作品となっています。
楽しく笑いたいギャグ漫画を読みたい~という方にはオススメの一冊です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする