人気のレビュー

猿川西瓜さんのレビュー
「東篠たちは、私の身代わりとして、死んでくれたのだ」  物凄い声音で、彼の人は云った。  三谷侍従長を召した。 「私は退位したいと思う。三谷はどう思うか」  三谷は、しばし黙考し、申しあげた。 「...
2014年11月10日
  • 花丸
  • 花丸
さとさんのレビュー
ピートの気持ちいいほどのポジティブさは、元気もらえる気がする。
2013年06月12日
  • 花丸
momo0906さんのレビュー
3分30秒☆単純さが面白い!前向きに「かなり さいこう!」っていい響き♪スーパー・ポジティブ猫。ニューヨークタイムズページベストセラーリストでねこのピートシリーズ1〜3位独占。すぐに歌える楽譜付き。
2013年06月15日
  • 花丸
sylphyさんのレビュー
真魚もラジカルさんも、真魚のお母さんも、それぞれがきちんと考えて向き合って、少しずつ進んでる。 みんなが前向きで読むだけで頑張ろうって思えます。 タアモ先生は本当に頑張る女の子を描くのが上手だと思う。
2014年12月13日
  • 花丸
wabutaさんのレビュー
 ノーベル賞の選考委員は本作を「記憶の芸術」と評した。    パリでノートルダム寺院やサン=ルイ島あたりをうろついて、さてマレ地区の方へでも行こうかなと右岸に渡った辺りに、無名ユダヤ人犠牲者記念...
2014年12月21日
  • 花丸
  • 花丸
  • 花丸

もっとみる»

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、87万3799人の利用者が、 6160万7970アイテムを登録して、663万6670件のレビューを書いています。

3時のアッコちゃん

柚木 麻子

悩める働く女性に読んでいただきたい(前作もあわせて)

大女で起業して大成功したアッコさんは、いつも仕事での人間関係などに悩んでいる女性をほっとけない性格で、まったく知らない人に声をかけて自分のお店のスムージーを飲ませたり、強引ながらもターゲットになった女性がどんどん元気になっていきます。
前作の「ランチのアッコちゃん」は本屋大賞にもノミネートされた作品で、前作と同様に、アッコさんが豪快な活躍で読んでてグッときます。
本書は連作集で、今回は最後の2篇は関西を舞台にした話ですが、最後の「梅田駅アンダーワールド」は、大阪に来たら誰しも迷うことでおなじみの梅田地下に来たことがある人は笑いながら読める作品です。
短編の集まりなので、とても読みやすく、冬休みにちょっと軽く読書したいな~って時にオススメの1冊です。

GMOペパボ株式会社