大山淳子のおすすめランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

大山淳子のおすすめランキングのアイテム一覧

大山淳子のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

1497人が登録 ★3.76 223 レビュー
大山淳子 2012年03月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 679

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

705人が登録 ★3.90 75 レビュー
大山淳子 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 648

猫弁【完全版】 天才百瀬とやっかいな依頼人たち

420人が登録 ★3.75 96 レビュー
大山淳子 2012年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と指輪物語

407人が登録 ★4.04 66 レビュー
大山淳子 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と透明人間

357人が登録 ★3.97 67 レビュー
大山淳子 2012年06月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と少女探偵

320人が登録 ★4.01 46 レビュー
大山淳子 2013年08月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

あずかりやさん (一般書)

313人が登録 ★3.85 64 レビュー
大山淳子 2013年05月08日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と指輪物語 (講談社文庫)

270人が登録 ★3.92 27 レビュー
大山淳子 2014年06月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 691

猫弁と魔女裁判

237人が登録 ★4.22 49 レビュー
大山淳子 2014年06月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,566

雪猫

202人が登録 ★3.46 41 レビュー
大山淳子 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,404

イーヨくんの結婚生活

170人が登録 ★3.76 37 レビュー
大山淳子 2014年03月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

雪猫 (講談社文庫)

169人が登録 ★3.53 19 レビュー
大山淳子 2013年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 605

猫とわたしの七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

168人が登録 ★3.42 18 レビュー
秋山浩二 2013年11月01日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 691

猫弁と少女探偵 (講談社文庫)

160人が登録 ★3.83 13 レビュー
大山淳子 2015年02月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 659

猫弁全集

33人が登録 ★4.67 4 レビュー
大山淳子 2014年06月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 3,186

猫は抱くもの

31人が登録 ★3.25
大山淳子 2015年04月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,620

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

17人が登録 ★3.25 3 レビュー
大山淳子 電子書籍 2012年03月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

6人が登録 ★4.00
大山淳子 電子書籍 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と少女探偵

6人が登録 ★3.00 1 レビュー
大山淳子 電子書籍 2013年08月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp
全43アイテム中 1 - 20件を表示

大山淳子の関連サイト

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

我が逃走

家入一真

ブクログの父が居場所を求めた逃走物語

家入一真さんの感動サクセスストーリー『こんな僕でも社長になれた』の続編で、その後の転落そして孤立していく物語が『我が逃走』です。
色々とお騒がせな人ですが、その裏であった転落そしてまわりとの孤立が描かれています。前作が山を登っていくようであるとしたら、この本はその山を転がりおちていくような気持ちになっていきます。
しかし、転落で終わるわけではなく、ずっと家入さんが求めていた「居場所」を求め、そして最後また救いがある本となっています。
なぜ救いがあり完全に孤立しなかったか、それはこの本を読んで見て頂きたいです。

本の詳細&レビューを読む»