大山淳子のおすすめランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

大山淳子のおすすめランキングのアイテム一覧

大山淳子のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

1455人が登録 ★3.75 219 レビュー
大山淳子 2012年03月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 679

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

681人が登録 ★3.90 74 レビュー
大山淳子 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 648

猫弁【完全版】 天才百瀬とやっかいな依頼人たち

414人が登録 ★3.73 95 レビュー
大山淳子 2012年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と指輪物語

401人が登録 ★4.05 66 レビュー
大山淳子 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と透明人間

351人が登録 ★3.97 66 レビュー
大山淳子 2012年06月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と少女探偵

315人が登録 ★4.02 46 レビュー
大山淳子 2013年08月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

あずかりやさん (一般書)

308人が登録 ★3.86 62 レビュー
大山淳子 2013年05月08日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と指輪物語 (講談社文庫)

250人が登録 ★3.95 25 レビュー
大山淳子 2014年06月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 691

猫弁と魔女裁判

220人が登録 ★4.22 46 レビュー
大山淳子 2014年06月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,566

雪猫

198人が登録 ★3.44 40 レビュー
大山淳子 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,404

イーヨくんの結婚生活

165人が登録 ★3.74 36 レビュー
大山淳子 2014年03月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

雪猫 (講談社文庫)

163人が登録 ★3.56 18 レビュー
大山淳子 2013年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 605

猫とわたしの七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

162人が登録 ★3.44 17 レビュー
秋山浩二 2013年11月01日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 691

猫弁と少女探偵 (講談社文庫)

129人が登録 ★3.71 9 レビュー
大山淳子 2015年02月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 658

猫弁全集

34人が登録 ★4.67 4 レビュー
大山淳子 2014年06月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 3,186

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

16人が登録 ★3.50 2 レビュー
大山淳子 電子書籍 2012年03月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

6人が登録 ★4.00
大山淳子 電子書籍 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と少女探偵

6人が登録 ★3.00 1 レビュー
大山淳子 電子書籍 2013年08月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と指輪物語

4人が登録 ★3.00
大山淳子 電子書籍 2013年02月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp
全40アイテム中 1 - 20件を表示

大山淳子の関連サイト

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

北川恵海

サザエさんシンドロームって知ってますか?

日曜日のサザエさんのエンディングを聞くと、月曜が憂鬱になる現象、それが「サザエさんシンドローム」です。
そんな、シンドロームにかかった主人子の青山。色々あって、駅のホームで偶然小学校時代の同級生ヤマモトと名乗る男と遭遇する。
そのヤマモトとの出合いによって変わっていく青山、そしてヤマモトの正体を知って驚き、そして最後に自分で考え青山は行動します。
帯にある『働く人ならみんな共感! スカっとできて最後は泣ける』という言葉のとおり、最後は本当に泣けます。
いま、働くことに悩んでいるすべての人に読んでもらいたい、そんな一冊です。

本の詳細&レビューを読む»