大山淳子のおすすめランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

大山淳子のおすすめランキングのアイテム一覧

大山淳子のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

1357人が登録 ★3.76 213 レビュー
大山淳子 2012年03月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 679

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

641人が登録 ★3.92 72 レビュー
大山淳子 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 648

猫弁【完全版】 天才百瀬とやっかいな依頼人たち

396人が登録 ★3.73 94 レビュー
大山淳子 2012年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と指輪物語

383人が登録 ★4.06 64 レビュー
大山淳子 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と透明人間

343人が登録 ★3.97 64 レビュー
大山淳子 2012年06月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と少女探偵

290人が登録 ★4.08 42 レビュー
大山淳子 2013年08月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

あずかりやさん (一般書)

274人が登録 ★3.86 57 レビュー
大山淳子 2013年05月08日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁と指輪物語 (講談社文庫)

218人が登録 ★3.97 19 レビュー
大山淳子 2014年06月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 691

雪猫

187人が登録 ★3.47 38 レビュー
大山淳子 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,404

猫弁と魔女裁判

150人が登録 ★4.27 30 レビュー
大山淳子 2014年06月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,566

猫とわたしの七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

142人が登録 ★3.50 15 レビュー
秋山浩二 2013年11月01日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 691

雪猫 (講談社文庫)

139人が登録 ★3.51 17 レビュー
大山淳子 2013年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 605

イーヨくんの結婚生活

133人が登録 ★3.59 28 レビュー
大山淳子 2014年03月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 1,512

猫弁全集

30人が登録 ★4.67 4 レビュー
大山淳子 2014年06月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp ¥ 3,186

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

15人が登録 ★3.50 2 レビュー
大山淳子 電子書籍 2012年03月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

7人が登録 ★4.00
大山淳子 電子書籍 2013年02月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と少女探偵

6人が登録 ★3.00 1 レビュー
大山淳子 電子書籍 2013年08月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

猫弁と指輪物語

4人が登録 ★3.00
大山淳子 電子書籍 2013年02月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

雪猫 (講談社文庫)

3人が登録 ★4.00
大山淳子 電子書籍 2013年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp
全35アイテム中 1 - 20件を表示

大山淳子の関連サイト

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

吉田 篤弘

これを読むときっと温かいスープが飲みたくなるはず。

肌寒くなってきましたね。そんな季節にぴったりの小説をご紹介します。
月舟町にひとり引っ越して来た青年・オーリィくんと、街の小さなおいしいサンドウィッチ店「トロワ」のお話。
銀幕の女優に恋して路面電車で映画館に通う主人公が、ある日、映画館で偶然な出会いをします。
景色が浮かぶような表現と、ところどころに登場するおいしそうな食べ物。
後半で紡がれていくストーリーも心地よいです。
いつでも月舟町の住人になれるように、本棚に大切に置いておきたくなる一冊。
巻末には物語に登場するヒミツのスープレシピが掲載されているので、お鍋片手に温かいスープを作ってみては?