大山淳子のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

大山淳子のおすすめランキングのアイテム一覧

大山淳子のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

1670人が登録 ★3.75 243 レビュー
大山淳子 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

792人が登録 ★3.88 82 レビュー
大山淳子 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

猫弁【完全版】 天才百瀬とやっかいな依頼人たち

459人が登録 ★3.77 102 レビュー
大山淳子 2012年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

猫弁と指輪物語

429人が登録 ★4.06 73 レビュー
大山淳子 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

猫弁と透明人間

384人が登録 ★3.98 70 レビュー
大山淳子 2012年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

猫弁と指輪物語 (講談社文庫)

350人が登録 ★3.95 35 レビュー
大山淳子 2014年6月13日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

あずかりやさん (一般書)

350人が登録 ★3.87 71 レビュー
大山淳子 2013年5月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

猫弁と少女探偵

346人が登録 ★4.01 53 レビュー
大山淳子 2013年8月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

猫弁と魔女裁判

273人が登録 ★4.24 56 レビュー
大山淳子 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,566

猫弁と少女探偵 (講談社文庫)

255人が登録 ★3.83 26 レビュー
大山淳子 2015年2月13日 Amazon.co.jpで見る ¥ 659

雪猫

218人が登録 ★3.50 43 レビュー
大山淳子 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,404

雪猫 (講談社文庫)

203人が登録 ★3.45 25 レビュー
大山淳子 2013年12月13日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

猫とわたしの七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

201人が登録 ★3.42 23 レビュー
秋山浩二 2013年11月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

イーヨくんの結婚生活

190人が登録 ★3.87 41 レビュー
大山淳子 2014年3月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)

174人が登録 ★4.15 22 レビュー
大山淳子 2015年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

猫は抱くもの

120人が登録 ★3.94 20 レビュー
大山淳子 2015年4月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

分解日記 光二郎備忘ファイル

103人が登録 ★3.60 18 レビュー
大山淳子 2015年6月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

([お]15-1)あずかりやさん (ポプラ文庫)

92人が登録 ★3.57 10 レビュー
大山淳子 2015年6月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 670

猫弁全集

35人が登録 ★4.71 4 レビュー
大山淳子 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 3,186
全52アイテム中 1 - 20件を表示

大山淳子の関連サイト

僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)

三部 けい

いよいよ完結 連続誘拐殺人犯との対決は!?

人気サスペンス漫画『僕だけがいない街』がいよいよ完結しました。
売れない28歳の漫画家 藤沼悟の持つ再上映(リバイバル)という特殊能力をもって小学生時代に起きた連続誘拐殺人事件を解決するために奔走するというストーリーで、その後巻を重ねる毎に衝撃の展開に進んでいく本作ですが、いよいよ完結となりました。
何を書いてもネタバレになってしまう展開になっていますが、ただ一つ言えることは読んで良かったとラストです。改めて、1巻から読み直した時にこの『僕だけがいない街』が、主人公 悟の成長物語であるとはっきりとわかってきます。そして、改めてその連続誘拐殺人犯の恐ろしさも改めてわかってきます。
そして、最後に再上映(リバイバル)とは何だったのか、それを読者のみなさんは考えることになると思います。
完結してしまいましたが、三部けい先生の次回作に期待したいと思います。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする