奥田英朗のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

奥田英朗のおすすめランキングのアイテム一覧

奥田英朗のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

イン・ザ・プール (文春文庫)

16666人が登録 ★3.75 1974 レビュー
奥田英朗 2006年3月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 562

空中ブランコ (文春文庫)

12106人が登録 ★3.83 1277 レビュー
奥田英朗 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 562

町長選挙 (文春文庫)

8114人が登録 ★3.66 832 レビュー
奥田英朗 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 562

空中ブランコ

6087人が登録 ★3.77 1203 レビュー
奥田英朗 2004年4月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,337

ガール (講談社文庫)

5560人が登録 ★3.70 757 レビュー
奥田英朗 2009年1月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 596

最悪 (講談社文庫)

4833人が登録 ★3.54 629 レビュー
奥田英朗 2002年9月13日 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

イン・ザ・プール

4671人が登録 ★3.71 1073 レビュー
奥田英朗 2002年5月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,337

家日和 (集英社文庫)

4260人が登録 ★3.75 566 レビュー
奥田英朗 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 518

マドンナ (講談社文庫)

3785人が登録 ★3.47 537 レビュー
奥田英朗 2005年12月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

ララピポ (幻冬舎文庫)

3697人が登録 ★3.18 482 レビュー
奥田英朗 2008年8月 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)

3617人が登録 ★3.70 361 レビュー
奥田英朗 2007年8月31日 Amazon.co.jpで見る ¥ 596

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)

3198人が登録 ★3.75 330 レビュー
奥田英朗 2007年8月31日 Amazon.co.jpで見る ¥ 555

邪魔(上) (講談社文庫)

3197人が登録 ★3.52 312 レビュー
奥田英朗 2004年3月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

町長選挙

3160人が登録 ★3.47 685 レビュー
奥田英朗 2006年4月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,337

サウス・バウンド

2867人が登録 ★3.79 570 レビュー
奥田英朗 2005年6月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,836

邪魔(下) (講談社文庫)

2830人が登録 ★3.53 282 レビュー
奥田英朗 2004年3月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

真夜中のマーチ (集英社文庫)

2821人が登録 ★3.44 337 レビュー
奥田英朗 2006年11月 Amazon.co.jpで見る ¥ 616

ガール

2265人が登録 ★3.60 552 レビュー
奥田英朗 2006年1月21日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

我が家の問題

2205人が登録 ★3.76 459 レビュー
奥田英朗 2011年7月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

家日和

2042人が登録 ★3.67 487 レビュー
奥田英朗 2007年4月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512
全203アイテム中 1 - 20件を表示

奥田英朗に関連する談話室の質問

「奥田英朗」を談話室で検索する

奥田英朗に関連するまとめ

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンののやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする