村山由佳のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。1991年に「いのちのうた」でデビュー。


村山由佳のおすすめランキングのアイテム一覧

村山由佳のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

7250人が登録 ★3.37 1009 レビュー
村山由佳 1996年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)

3383人が登録 ★3.53 371 レビュー
村山由佳 2006年1月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)

3138人が登録 ★3.45 210 レビュー
村山由佳 2000年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)

2899人が登録 ★3.44 171 レビュー
村山由佳 2001年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 411

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)

2653人が登録 ★3.48 148 レビュー
村山由佳 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)

2522人が登録 ★3.44 131 レビュー
村山由佳 2003年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

海を抱く―BAD KIDS (集英社文庫)

2425人が登録 ★3.51 260 レビュー
村山由佳 2003年9月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)

2423人が登録 ★3.45 125 レビュー
村山由佳 2004年6月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

BAD KIDS バッド キッズ (集英社文庫)

2296人が登録 ★3.40 254 レビュー
村山由佳 1997年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 453

天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)

2217人が登録 ★3.58 184 レビュー
村山由佳 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 497

おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)

2215人が登録 ★3.47 115 レビュー
村山由佳 2005年6月17日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

おいしいコーヒーのいれ方 (8) 優しい秘密 (集英社文庫)

2039人が登録 ★3.54 123 レビュー
村山由佳 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)

1993人が登録 ★3.30 205 レビュー
村山由佳 2005年1月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 518

天使の梯子 Angel's Ladder

1773人が登録 ★3.52 317 レビュー
村山由佳 2004年10月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

青のフェルマータ Fermata in Blue (集英社文庫)

1732人が登録 ★3.37 149 レビュー
村山由佳 2000年1月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 494

星々の舟 Voyage Through Stars

1716人が登録 ★3.53 338 レビュー
村山由佳 2003年3月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

W/F ダブル・ファンタジー

1670人が登録 ★3.12 325 レビュー
村山由佳 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,831
全232アイテム中 1 - 20件を表示

村山由佳に関連する談話室の質問

「村山由佳」を談話室で検索する

村山由佳に関連するまとめ

ちょいな人々

荻原 浩

ちょっとおバカだけど憎めない人々の日常を、ユーモアたっぷりに描いた物語。

隣の庭木を憎む主婦、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、「ちょい◯◯」な人をブラックユーモアも交えながらコミカルに描いた、全7話の短編集です。
どこかから回っているけど憎めない登場人物ばかりで、現実に遠くなく、こういう人いそう!と思わず納得してしまう面白さがあります。
もしかしたら、今、フツーにとなりにいるアノ人も、よく観察したら「ちょい」な人かもしれません...(笑)

本の詳細&レビューを読む

ツイートする