村山由佳のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。1991年に「いのちのうた」でデビュー。


村山由佳のおすすめランキングのアイテム一覧

村山由佳のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

7291人が登録 ★3.37 1013 レビュー
村山由佳 1996年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)

3408人が登録 ★3.53 372 レビュー
村山由佳 2006年1月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)

3145人が登録 ★3.45 211 レビュー
村山由佳 2000年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)

2903人が登録 ★3.44 172 レビュー
村山由佳 2001年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 411

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)

2660人が登録 ★3.48 149 レビュー
村山由佳 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)

2530人が登録 ★3.44 131 レビュー
村山由佳 2003年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

海を抱く―BAD KIDS (集英社文庫)

2431人が登録 ★3.51 260 レビュー
村山由佳 2003年9月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)

2431人が登録 ★3.45 125 レビュー
村山由佳 2004年6月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

BAD KIDS バッド キッズ (集英社文庫)

2299人が登録 ★3.40 254 レビュー
村山由佳 1997年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 453

天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)

2237人が登録 ★3.58 185 レビュー
村山由佳 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 497

おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)

2223人が登録 ★3.47 115 レビュー
村山由佳 2005年6月17日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

おいしいコーヒーのいれ方 (8) 優しい秘密 (集英社文庫)

2048人が登録 ★3.53 123 レビュー
村山由佳 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)

2000人が登録 ★3.30 205 レビュー
村山由佳 2005年1月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 518

天使の梯子 Angel's Ladder

1779人が登録 ★3.52 319 レビュー
村山由佳 2004年10月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

青のフェルマータ Fermata in Blue (集英社文庫)

1735人が登録 ★3.37 149 レビュー
村山由佳 2000年1月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 494

星々の舟 Voyage Through Stars

1726人が登録 ★3.53 341 レビュー
村山由佳 2003年3月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

W/F ダブル・ファンタジー

1674人が登録 ★3.12 326 レビュー
村山由佳 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,831
全237アイテム中 1 - 20件を表示

村山由佳に関連する談話室の質問

「村山由佳」を談話室で検索する

村山由佳に関連するまとめ

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンののやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする