村山由佳のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。1991年に「いのちのうた」でデビュー。


村山由佳のおすすめランキングのアイテム一覧

村山由佳のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

7198人が登録 ★3.37 1004 レビュー
村山由佳 1996年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)

3366人が登録 ★3.53 369 レビュー
村山由佳 2006年1月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)

3131人が登録 ★3.45 209 レビュー
村山由佳 2000年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)

2892人が登録 ★3.44 171 レビュー
村山由佳 2001年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 411

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)

2650人が登録 ★3.48 148 レビュー
村山由佳 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)

2517人が登録 ★3.44 131 レビュー
村山由佳 2003年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

海を抱く―BAD KIDS (集英社文庫)

2420人が登録 ★3.51 260 レビュー
村山由佳 2003年9月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)

2419人が登録 ★3.45 125 レビュー
村山由佳 2004年6月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

BAD KIDS バッド キッズ (集英社文庫)

2293人が登録 ★3.40 253 レビュー
村山由佳 1997年6月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 453

おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)

2212人が登録 ★3.47 115 レビュー
村山由佳 2005年6月17日 Amazon.co.jpで見る ¥ 432

天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)

2200人が登録 ★3.58 181 レビュー
村山由佳 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 497

おいしいコーヒーのいれ方 (8) 優しい秘密 (集英社文庫)

2035人が登録 ★3.54 123 レビュー
村山由佳 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 421

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)

1988人が登録 ★3.30 204 レビュー
村山由佳 2005年1月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 518

天使の梯子 Angel's Ladder

1769人が登録 ★3.51 317 レビュー
村山由佳 2004年10月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

青のフェルマータ Fermata in Blue (集英社文庫)

1729人が登録 ★3.36 149 レビュー
村山由佳 2000年1月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 494

星々の舟 Voyage Through Stars

1707人が登録 ★3.53 338 レビュー
村山由佳 2003年3月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

W/F ダブル・ファンタジー

1659人が登録 ★3.12 323 レビュー
村山由佳 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,831
全226アイテム中 1 - 20件を表示

村山由佳に関連する談話室の質問

「村山由佳」を談話室で検索する

村山由佳に関連するまとめ

ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

北川恵海

大ヒットしたデビュー作に続くお仕事小説

前作でデビュー作の「ちょっと今から仕事やめてくる」が40万部突破の大ヒットとなった北川恵海さんの2作目は、世間で注目を浴びる売れっ子漫画家や人気上優を裏から支えるヒーローズ(株)の働く人たちにスポットライトを当てた作品です。
前作では、ブラックな職場から脱出するというテーマで書かれており、今作では無色透明で平凡な人が少しずつ変化していくストーリーです。
前作同様にお仕事小説であり、前作と同様に多くの人が共感出来る要素がある作品となっています。
最後のあとがきを読めばわかりますが、大ヒットした後の作品ということで2作目を作る上でかなり悩まれたようです。そうした新人作家の心も感じ取れる作品で、前作の「ちょっと今から仕事やめてくる」とセットでこの『ヒーローズ(株)!!!』は読んでいただきたいです。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする