池井戸潤のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

池井戸 潤(いけいど じゅん)。岐阜県出身の小説家。慶應義塾大学卒。

1998年、銀行の暗部に迫った小説『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞、2010年に談合の是非を問うた小説『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、 2011年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞。

他の著作に、人気ドラマ『半沢直樹』の原作小説、半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』、『ロスジェネの逆襲』)などがある。


池井戸潤のおすすめランキングのアイテム一覧

池井戸潤のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

10770人が登録 ★4.07 1349 レビュー
池井戸潤 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

下町ロケット

10663人が登録 ★4.43 2143 レビュー
池井戸潤 2010年11月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,836

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

9127人が登録 ★4.10 975 レビュー
池井戸潤 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

ロスジェネの逆襲

7915人が登録 ★4.32 1182 レビュー
池井戸潤 2012年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

下町ロケット (小学館文庫)

7488人が登録 ★4.44 942 レビュー
池井戸潤 2013年12月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 778

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

6362人が登録 ★4.41 594 レビュー
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

5531人が登録 ★4.47 632 レビュー
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 690

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

5446人が登録 ★3.58 700 レビュー
池井戸潤 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

鉄の骨 (講談社文庫)

4246人が登録 ★4.14 552 レビュー
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 940

銀翼のイカロス

4175人が登録 ★4.09 606 レビュー
池井戸潤 2014年8月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

七つの会議

3671人が登録 ★3.89 548 レビュー
池井戸潤 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

果つる底なき (講談社文庫)

3386人が登録 ★3.43 438 レビュー
池井戸潤 2001年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

3366人が登録 ★4.00 361 レビュー
池井戸潤 2014年3月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 864

民王 (文春文庫)

3285人が登録 ★3.56 410 レビュー
池井戸潤 2013年6月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 670

シャイロックの子供たち (文春文庫)

3100人が登録 ★3.63 404 レビュー
池井戸潤 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

かばん屋の相続 (文春文庫)

2578人が登録 ★3.50 342 レビュー
池井戸潤 2011年4月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

ルーズヴェルト・ゲーム

2475人が登録 ★3.98 492 レビュー
池井戸潤 2012年2月22日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

新装版 不祥事 (講談社文庫)

2353人が登録 ★3.67 292 レビュー
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

株価暴落 (文春文庫)

2103人が登録 ★3.47 230 レビュー
池井戸潤 2007年3月9日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

下町ロケット2 ガウディ計画

2097人が登録 ★4.29 326 レビュー
池井戸潤 2015年11月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620
全199アイテム中 1 - 20件を表示

池井戸潤に関連する談話室の質問

「池井戸潤」を談話室で検索する

池井戸潤に関連するまとめ

ちょいな人々

荻原 浩

ちょっとおバカだけど憎めない人々の日常を、ユーモアたっぷりに描いた物語。

隣の庭木を憎む主婦、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、「ちょい◯◯」な人をブラックユーモアも交えながらコミカルに描いた、全7話の短編集です。
どこかから回っているけど憎めない登場人物ばかりで、現実に遠くなく、こういう人いそう!と思わず納得してしまう面白さがあります。
もしかしたら、今、フツーにとなりにいるアノ人も、よく観察したら「ちょい」な人かもしれません...(笑)

本の詳細&レビューを読む

ツイートする