池井戸潤のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

池井戸 潤(いけいど じゅん)。岐阜県出身の小説家。慶應義塾大学卒。

1998年、銀行の暗部に迫った小説『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞、2010年に談合の是非を問うた小説『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、 2011年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞。

他の著作に、人気ドラマ『半沢直樹』の原作小説、半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』、『ロスジェネの逆襲』)などがある。


池井戸潤のおすすめランキングのアイテム一覧

池井戸潤のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

10635人が登録 ★4.07 1334 レビュー
池井戸潤 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

下町ロケット

10625人が登録 ★4.43 2136 レビュー
池井戸潤 2010年11月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,836

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

9015人が登録 ★4.10 962 レビュー
池井戸潤 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

ロスジェネの逆襲

7861人が登録 ★4.32 1175 レビュー
池井戸潤 2012年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

下町ロケット (小学館文庫)

7297人が登録 ★4.44 914 レビュー
池井戸潤 2013年12月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 778

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

6251人が登録 ★4.42 578 レビュー
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

5436人が登録 ★4.48 616 レビュー
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

5346人が登録 ★3.58 692 レビュー
池井戸潤 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

鉄の骨 (講談社文庫)

4175人が登録 ★4.14 543 レビュー
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 940

銀翼のイカロス

4034人が登録 ★4.08 587 レビュー
池井戸潤 2014年8月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

七つの会議

3612人が登録 ★3.89 539 レビュー
池井戸潤 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

果つる底なき (講談社文庫)

3321人が登録 ★3.43 435 レビュー
池井戸潤 2001年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

3294人が登録 ★4.00 348 レビュー
池井戸潤 2014年3月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 864

民王 (文春文庫)

3170人が登録 ★3.54 390 レビュー
池井戸潤 2013年6月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 670

シャイロックの子供たち (文春文庫)

3015人が登録 ★3.63 394 レビュー
池井戸潤 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

かばん屋の相続 (文春文庫)

2516人が登録 ★3.50 335 レビュー
池井戸潤 2011年4月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

ルーズヴェルト・ゲーム

2462人が登録 ★3.98 491 レビュー
池井戸潤 2012年2月22日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

新装版 不祥事 (講談社文庫)

2301人が登録 ★3.66 287 レビュー
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

株価暴落 (文春文庫)

2068人が登録 ★3.48 224 レビュー
池井戸潤 2007年3月9日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

下町ロケット2 ガウディ計画

1895人が登録 ★4.30 285 レビュー
池井戸潤 2015年11月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620
全192アイテム中 1 - 20件を表示

池井戸潤に関連する談話室の質問

「池井戸潤」を談話室で検索する

池井戸潤に関連するまとめ

僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)

三部 けい

いよいよ完結 連続誘拐殺人犯との対決は!?

人気サスペンス漫画『僕だけがいない街』がいよいよ完結しました。
売れない28歳の漫画家 藤沼悟の持つ再上映(リバイバル)という特殊能力をもって小学生時代に起きた連続誘拐殺人事件を解決するために奔走するというストーリーで、その後巻を重ねる毎に衝撃の展開に進んでいく本作ですが、いよいよ完結となりました。
何を書いてもネタバレになってしまう展開になっていますが、ただ一つ言えることは読んで良かったとラストです。改めて、1巻から読み直した時にこの『僕だけがいない街』が、主人公 悟の成長物語であるとはっきりとわかってきます。そして、改めてその連続誘拐殺人犯の恐ろしさも改めてわかってきます。
そして、最後に再上映(リバイバル)とは何だったのか、それを読者のみなさんは考えることになると思います。
完結してしまいましたが、三部けい先生の次回作に期待したいと思います。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする