池井戸潤のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

池井戸 潤(いけいど じゅん)。岐阜県出身の小説家。慶應義塾大学卒。

1998年、銀行の暗部に迫った小説『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞、2010年に談合の是非を問うた小説『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、 2011年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞。

他の著作に、人気ドラマ『半沢直樹』の原作小説、半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』、『ロスジェネの逆襲』)などがある。


池井戸潤のおすすめランキングのアイテム一覧

池井戸潤のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

10870人が登録 ★4.07 1357 レビュー
池井戸潤 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 690

下町ロケット

10686人が登録 ★4.43 2151 レビュー
池井戸潤 2010年11月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,836

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

9202人が登録 ★4.10 981 レビュー
池井戸潤 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 480

ロスジェネの逆襲

7952人が登録 ★4.32 1188 レビュー
池井戸潤 2012年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

下町ロケット (小学館文庫)

7606人が登録 ★4.44 950 レビュー
池井戸潤 2013年12月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 778

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

6422人が登録 ★4.41 602 レビュー
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

5584人が登録 ★4.47 640 レビュー
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

5514人が登録 ★3.59 710 レビュー
池井戸潤 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

鉄の骨 (講談社文庫)

4294人が登録 ★4.13 560 レビュー
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 940

銀翼のイカロス

4250人が登録 ★4.09 617 レビュー
池井戸潤 2014年8月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

七つの会議

3701人が登録 ★3.89 556 レビュー
池井戸潤 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

果つる底なき (講談社文庫)

3432人が登録 ★3.43 444 レビュー
池井戸潤 2001年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

3419人が登録 ★4.00 365 レビュー
池井戸潤 2014年3月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 864

民王 (文春文庫)

3367人が登録 ★3.56 425 レビュー
池井戸潤 2013年6月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 670

シャイロックの子供たち (文春文庫)

3145人が登録 ★3.63 410 レビュー
池井戸潤 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

かばん屋の相続 (文春文庫)

2617人が登録 ★3.50 349 レビュー
池井戸潤 2011年4月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

ルーズヴェルト・ゲーム

2477人が登録 ★3.97 493 レビュー
池井戸潤 2012年2月22日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

新装版 不祥事 (講談社文庫)

2388人が登録 ★3.67 297 レビュー
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

下町ロケット2 ガウディ計画

2197人が登録 ★4.28 341 レビュー
池井戸潤 2015年11月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

株価暴落 (文春文庫)

2124人が登録 ★3.48 233 レビュー
池井戸潤 2007年3月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637
全199アイテム中 1 - 20件を表示

池井戸潤に関連する談話室の質問

「池井戸潤」を談話室で検索する

池井戸潤に関連するまとめ

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンののやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする