百田尚樹のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

百田 尚樹(ひゃくた なおき)。大阪府出身の放送作家・小説家。
『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。大ベストセラーとなる。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。百田は大学時代ボクシング部に所属していた。
『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。


百田尚樹のおすすめランキングのアイテム一覧

百田尚樹のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

永遠の0 (講談社文庫)

35344人が登録 ★4.43 5137 レビュー
百田尚樹 2009年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

海賊とよばれた男 上

9584人が登録 ★4.26 1086 レビュー
百田尚樹 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

モンスター (幻冬舎文庫)

9231人が登録 ★3.51 1258 レビュー
百田尚樹 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 782

海賊とよばれた男 下

7890人が登録 ★4.33 989 レビュー
百田尚樹 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

幸福な生活 (祥伝社文庫)

5192人が登録 ★3.31 698 レビュー
百田尚樹 2013年12月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

4705人が登録 ★4.20 369 レビュー
百田尚樹 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

影法師 (講談社文庫)

4561人が登録 ★4.18 653 レビュー
百田尚樹 2012年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

風の中のマリア (講談社文庫)

4366人が登録 ★3.58 706 レビュー
百田尚樹 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

4051人が登録 ★4.24 391 レビュー
百田尚樹 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

輝く夜 (講談社文庫)

4039人が登録 ★3.50 613 レビュー
百田尚樹 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 540

プリズム (幻冬舎文庫)

2812人が登録 ★3.27 304 レビュー
百田尚樹 2014年4月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

夢を売る男

2800人が登録 ★3.68 486 レビュー
百田尚樹 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

プリズム

2032人が登録 ★3.21 450 レビュー
百田尚樹 2011年10月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

幸福な生活

1926人が登録 ★3.35 408 レビュー
百田尚樹 2011年5月27日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

永遠の0 (ゼロ)

1749人が登録 ★4.36 400 レビュー
百田尚樹 2006年8月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

ボックス!(上) (講談社文庫)

1641人が登録 ★4.03 140 レビュー
百田尚樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

ボックス!(下) (講談社文庫)

1471人が登録 ★4.14 164 レビュー
百田尚樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 730

ボックス! 上

1380人が登録 ★4.09 155 レビュー
百田尚樹 2010年3月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

モンスター

1374人が登録 ★3.33 318 レビュー
百田尚樹 2010年3月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

ボックス!

1281人が登録 ★4.02 314 レビュー
百田尚樹 2008年6月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,922
全138アイテム中 1 - 20件を表示

百田尚樹に関連する談話室の質問

「百田尚樹」を談話室で検索する

百田尚樹に関連するまとめ

君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)

綾崎 隼

読了後すぐに続きが読みたくなる、新しいタイムリープミステリー。

タイムリープをテーマにした作品は様々ありますが、この作品では、タイムリープするたびに大切な人が消えていきます。それも、存在していたという痕跡すら残さず。とても残酷な条件です。
物語は、このタイムリープというSF要素と、解決策を模索し、大切な人を救うべく奔走する主人公たちの青春要素が合わさった、青春ミステリーです。
前半、小学生時代についた些細な嘘によって心に残った消えない傷や、母親との些細な口喧嘩といった、主人公の幼ない言動が印象に残りますが、タイムリープを目の当たりにした直後から、一気に様子が変わります。また、協力者となる先輩や、自分もタイムリープしていると言う同級生など、新たな登場人物もあり、彼らと今後どのように関わっていくのかも気になるところです。
優しくて美しいミステリーを紡ぐ、綾崎さんの新シリーズ、読了後すぐに続きが読みたくなる一冊です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする