百田尚樹のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

百田 尚樹(ひゃくた なおき)。大阪府出身の放送作家・小説家。
『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。大ベストセラーとなる。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。百田は大学時代ボクシング部に所属していた。
『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。


百田尚樹のおすすめランキングのアイテム一覧

百田尚樹のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

永遠の0 (講談社文庫)

35551人が登録 ★4.43 5160 レビュー
百田尚樹 2009年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

海賊とよばれた男 上

9633人が登録 ★4.26 1092 レビュー
百田尚樹 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

モンスター (幻冬舎文庫)

9367人が登録 ★3.52 1273 レビュー
百田尚樹 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 782

海賊とよばれた男 下

7936人が登録 ★4.32 997 レビュー
百田尚樹 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

幸福な生活 (祥伝社文庫)

5272人が登録 ★3.31 713 レビュー
百田尚樹 2013年12月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

4892人が登録 ★4.19 394 レビュー
百田尚樹 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

影法師 (講談社文庫)

4635人が登録 ★4.18 660 レビュー
百田尚樹 2012年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

風の中のマリア (講談社文庫)

4436人が登録 ★3.58 715 レビュー
百田尚樹 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

4203人が登録 ★4.24 410 レビュー
百田尚樹 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

輝く夜 (講談社文庫)

4094人が登録 ★3.50 623 レビュー
百田尚樹 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 540

プリズム (幻冬舎文庫)

2895人が登録 ★3.27 312 レビュー
百田尚樹 2014年4月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

夢を売る男

2825人が登録 ★3.68 493 レビュー
百田尚樹 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

プリズム

2051人が登録 ★3.21 452 レビュー
百田尚樹 2011年10月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

幸福な生活

1936人が登録 ★3.35 410 レビュー
百田尚樹 2011年5月27日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

永遠の0 (ゼロ)

1759人が登録 ★4.36 402 レビュー
百田尚樹 2006年8月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

ボックス!(上) (講談社文庫)

1677人が登録 ★4.04 145 レビュー
百田尚樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

ボックス!(下) (講談社文庫)

1499人が登録 ★4.14 167 レビュー
百田尚樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 730

モンスター

1387人が登録 ★3.33 320 レビュー
百田尚樹 2010年3月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

ボックス! 上

1387人が登録 ★4.09 155 レビュー
百田尚樹 2010年3月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

ボックス!

1288人が登録 ★4.02 314 レビュー
百田尚樹 2008年6月19日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,922
全149アイテム中 1 - 20件を表示

百田尚樹に関連する談話室の質問

「百田尚樹」を談話室で検索する

百田尚樹に関連するまとめ

夏のジオラマ (集英社みらい文庫)

小路 幸也

夏休みに読みたい、子供たちのちょっと不思議な謎解き冒険物語。

小学生のとき、夏休みはどんなことをして過ごしましたか?
この物語では、6年生の少年少女たちが、ちょっと不思議な体験をします。
学校で一緒に“共同自由研究”をしていた仲間の少年一人が忽然と姿を消したり、直後に謎のジオラマのような箱を見つけたり。
次々と謎を解明していく彼らは純粋で、相手のために一生懸命に手を貸す姿には心が温かくなります。
出会いと友情を大切にした優しい作品、夏休みを思い出しながら読んでみてはいかがでしょうか。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする