百田尚樹のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

百田 尚樹(ひゃくた なおき)。大阪府出身の放送作家・小説家。
『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。大ベストセラーとなる。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。百田は大学時代ボクシング部に所属していた。
『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。


百田尚樹のおすすめランキングのアイテム一覧

百田尚樹のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

永遠の0 (講談社文庫)

35637人が登録 ★4.43 5166 レビュー
百田尚樹 2009年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

海賊とよばれた男 上

9659人が登録 ★4.26 1094 レビュー
百田尚樹 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

モンスター (幻冬舎文庫)

9422人が登録 ★3.52 1276 レビュー
百田尚樹 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 782

海賊とよばれた男 下

7961人が登録 ★4.32 998 レビュー
百田尚樹 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

幸福な生活 (祥伝社文庫)

5300人が登録 ★3.31 714 レビュー
百田尚樹 2013年12月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

4964人が登録 ★4.19 397 レビュー
百田尚樹 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 750

影法師 (講談社文庫)

4649人が登録 ★4.18 662 レビュー
百田尚樹 2012年6月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 713

風の中のマリア (講談社文庫)

4453人が登録 ★3.57 717 レビュー
百田尚樹 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

4268人が登録 ★4.24 415 レビュー
百田尚樹 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

輝く夜 (講談社文庫)

4114人が登録 ★3.50 627 レビュー
百田尚樹 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 540

プリズム (幻冬舎文庫)

2922人が登録 ★3.26 313 レビュー
百田尚樹 2014年4月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 745

夢を売る男

2831人が登録 ★3.68 494 レビュー
百田尚樹 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,512

プリズム

2057人が登録 ★3.21 454 レビュー
百田尚樹 2011年10月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

幸福な生活

1940人が登録 ★3.35 411 レビュー
百田尚樹 2011年5月27日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

永遠の0 (ゼロ)

1762人が登録 ★4.36 403 レビュー
百田尚樹 2006年8月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728

ボックス!(上) (講談社文庫)

1686人が登録 ★4.04 147 レビュー
百田尚樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

ボックス!(下) (講談社文庫)

1511人が登録 ★4.14 167 レビュー
百田尚樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 730

モンスター

1390人が登録 ★3.33 321 レビュー
百田尚樹 2010年3月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,620

ボックス! 上

1388人が登録 ★4.09 155 レビュー
百田尚樹 2010年3月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

カエルの楽園

1378人が登録 ★3.47 193 レビュー
百田尚樹 2016年2月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,404
全153アイテム中 1 - 20件を表示

百田尚樹に関連する談話室の質問

「百田尚樹」を談話室で検索する

百田尚樹に関連するまとめ

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンののやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする