電子書籍部門に投票

この部門の大賞作品はこちら

人間失格

  • 著者:太宰 治
  • 青空文庫 / 2012年9月27日発売 /
  • amazon詳細ページ カートに入れる  

作品紹介

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の長編小説。初出は「展望」[1948(昭和23)年]。自分の幸福の観念と世の中のそれが、まるでくい違っているような不安に悩む大庭葉蔵の半生を自意識過剰に描いた、太宰文学随一の傑作。臼井吉見が言うように、太宰文学の「最高のかたち」の「遺書」であるとともに、日本近代文学を代表する作品。

青空文庫作品。

ブクログアカウントで投票

▼最近の投票(最新30件を表示)

日本文学を代表する名作。何度か読みましたが、電子書籍は読みやすいです。
今でも何度も読み返します。大好きです。
ツイートする