Gulliver's Travels (Penguin Classics)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : Jonathan Swift
制作 : Robert DeMaria 
  • Penguin Classics (2003年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141439495

Gulliver's Travels (Penguin Classics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初の二篇を幼いころに読んだきりだったので、ずっと続きを読んでみたいと思っていました。ガリバーの思い込みの強さに終始イライラしてしまったのですが、そんなところも含めて“風刺”の一冊だなぁ、と。奇天烈な冒険を繰り返した末にガリバーは最後Houyhnhnmsに心酔して人間嫌いになるわけですが、追放された先で頭のおかしい浮浪者にしか見えないガリバーを受け容れるポルトガル人漁師めっちゃ人格者じゃないですか。人間社会を散々風刺しておきながら希望をちらつかせる感じ?視野狭窄と安易な断定には気を付けようと思いました。

  • ガリバーさんが小人の国と巨人の国と馬の国に行ったお話。
    レベル2なので読みやすかったです。

  • Gulliver's Travels

  • まず、英語の文体としては、18世紀前半に書かれたものにもかかわらず、非常に読みやすいもの。古さを感じさせない。
    現代において当作品は一般的に「児童文学」として人口に膾炙しているが、間違いなく、これは世界屈指の「風刺文学」であると思う。著者・Swiftの技巧に脱帽。
    日本人にとっては、アニメ映画でお馴染みの「空飛ぶ島・ラピュータ(「ラピュタ」ではない!)」が出てくる他、何と「ジャパン(日本)」そのものが島として登場するので、大変興味深い内容である。一説によると、作中に出てくる「Yahoo」という種族の名が、あの某検索サイトの語源だそうな。

  •  小人の世界に迷い込むガリバーの話は誰もが知っているでしょう。ガリバーは小人の世界だけではなく、巨人の世界や空飛ぶ島ラピュタ、馬が世界を支配する国にも冒険します。冒険を重ねるごとに人間社会の醜悪さを感じ、終いには人間不信に陥ってしまうガリバーの心境変化が見事。

全5件中 1 - 5件を表示

Gulliver's Travels (Penguin Classics)のその他の作品

Gulliver's Travels ペーパーバック Gulliver's Travels Jonathan Swift
Gulliver's Travels ペーパーバック Gulliver's Travels Jonathan Swift

Jonathan Swiftの作品

Gulliver's Travels (Penguin Classics)を本棚に登録しているひと

Gulliver's Travels (Penguin Classics)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Gulliver's Travels (Penguin Classics)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする