A Year Down Yonder

  • 16人登録
  • 3.78評価
    • (3)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : Richard Peck
  • Puffin Books (2002年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)

A Year Down Yonderの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニューベリー賞メダル受賞作品。

    1930年代の不況下、祖母の元で暮らすためにシカゴから一人でやってきた15歳の少女の目を通して描かれる村の暮らしと人々の模様。1年間の出来事がコミカルに綴られている。おばあちゃんの行動がなんといっても豪快で面白い。英語は1930年代のアメリカの片田舎で使われていたであろう口語表現で慣れるのに時間がかかった。また、英語そのものよりも、ユーモアや文化的な部分でちょっと読みにくい本だった。

    読み直すと、だんだん笑いのツボがみえてくる。アメリカやイギリスのシットコムを小説にしたような作品。そしてGrandmaの人柄やMary Aliceの成長がしみじみと伝わってくる。

    やはり私は英語の「笑い」や口語的表現のツボをもっとおさえる必要があると痛感。悔しいのでAudiobookも購入。

    ---------------
    audiobookを何度も聞き、邦訳版も読むと、改めてこの物語の面白さが分かる。はじめは星三つにしていましたが、5つに変更。

  • YL6.0 / 29,415w

  • おばあちゃんと孫娘だからこその交流が素敵

  • A Long Way from Chicago: A Novel in Storiesの続き。

全4件中 1 - 4件を表示

Richard Peckの作品

A Year Down Yonderはこんな本です

A Year Down Yonderの図書館

A Year Down Yonderの図書館

A Year Down Yonderのカセット

ツイートする