The Witches

  • 122人登録
  • 4.23評価
    • (24)
    • (16)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : Roald Dahl
制作 : Quentin Blake 
  • ¥ 658 (参考価格 ¥ 920)
  • Puffin Books (2007年8月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780142410110

The Witchesの感想・レビュー・書評

  • I really like this book because,its a funny and it has
    scariness about the witches who turn the boy to a
    mouse.Its a really good book.

  • ダール作品の中でこれが一番好きだった!
    手元にないけど、もう一回読みたいな。

  • 読む会5冊目。 2012. 5 - 2012. 6

  • 挿絵があってよかった

  • 「読む会」2冊目の本♪

    読みやすいし、面白かった~~♪  

    ユニークな表現がたまらない^^
    最後の方はちょっとシュール・・・

  • 読む会5冊目。 2012. 5 - 2012. 6 略称:特になし?

  • Darlの中でもかなり面白い作品。
    毒が効いていていいです。
    洋書を読んで笑いたい人向け。

  • A couple of days ago, I finished reading my third book for this year in English without using a dictionary. I read "The Witch".

    I really enjoyed reading it. When I read the last part of the story, I almost cried. That's because the story was so great. If the person whom you really love transformed from a human to a mouse, can you accept the situation? Can you still love the person (I mean the mouse)?

    I think there are many kind of similar stories. For example, if you realize that your lovely daughter or son is gay, can you accept it? I know that it's very difficult. If I were in the situation, I'm not sure if I could accept it or not. I definitely would be upset and start to blame my daughter. However, the most important thing is if the person whom you really love feel happy in the situation, you have to understand it. We sometimes misunderstand how to love someone. If we really love someone, we just love them, and we don't have to love them from their appearances, status, fame and so on. The book has been teaching such things to me.

  • 夕方からずっと 夜ご飯も食べずに 何時間も読み続け、ついには 一気に読了。
    7歳の子供にしては すごい集中力を見せてくれました。それだけ面白かったのでしょう。
    どうも 「やめられない、止まらない」要素が ロアルド ダールの本にはあるようですね。
    読後、魔女の見分け方を解説してくれました。
    でも 話が少し怖かったので星四つだそうです。

  • Halloweenが近いので魔女の本、と思い選んでみたがこわい魔女の話じゃなかった。
    "This is not a fairy tale. This is about real withes." 読み終わってから背表紙を見るとああそうかと。

    excerpts:
    "my grandmother said. 'All they've done is to shrink your and give your four legs and a ferryboat, but they haven't been able to change into a one hundred per cent mouse. You are still yourself in everything expect your appearance. You've still got your own mind and your own brain and you own voice, and thank goodness for that.' (p132)"

    "'My darling,' she said at last, 'are you sure you don't mind being a mouse for the rest of your life?'
    'I don't mind at all,' I said. 'It doesn't matter who your are or what your look like so long as somebody loves you.' (p197)"

    ぼくはぼく。このメッセージに弱い。

    - - -

    I've finished reading on Oct 23rd.

  • 魔女にネズミにされてしまった主人公の少年が、ネズミのままでもいいや、と言い、おばあさんにつげた一言が泣けた。
    でもなぜかラストが拍子抜け。なので、4つ星。

  • キャプテンアンダーパンツから1ステップ進むことができた記念すべき一冊。
    大震災の後、原発が心配で、実家に避難。あまり外にも出られなかった間、集中的に読んでいました。あのものすごかった春休み、唯一良かったことは読書力が1段階上がったことかな。
    ロアルド・ダールが読めるようになってくれると、後の読書計画がスムーズです。

  • 『チョコレート工場の秘密』も好きですが、こちらのほうが楽しくて、英語も平易でした。
    魔女の描かれ方が新鮮です。YL5~6 36547語

  • ひとあじ違ったハッピーエンド。
    ロアルド・ダールだなあ、と思う。

  • ロアルド・ダールの児童書、また英語で読んでみました。
    魔女の描写が細かくてかなりドキドキ。
    自分のすぐそばに怖ろしい魔女が潜んでいるような気になります。
    ラストはちょっとフクザツな気持ちに。
    『Matilda』と同様、確かにハッピーエンドかもしれないけど、
    本当にこれでいいのかな?…って気持ちが湧いてくるのを止められない。
    ロアルド・ダール、単純に楽しむだけってわけにはいかないな、という感想です。

  • ◎ YL : 6.0 ◎ 語数 : 36,547語 ◎ DAHL 

  • YL 6.5   36,547語

    おばあちゃんが話してくれる本当の魔女の姿は、
    おとぎ話の魔女とは違う。
    見た目はごく普通の女の人で、普通に暮らしている。
    ある時、本当の魔女に会ってしまった主人公は・・・。
    ダールらしく奇想天外に話は進んでいきます。
    とても面白かったです。

  • YL:6.5 / 語数:36,547 / 131ページ
    2009/6/6-6/14

    17冊目のPB。
    久しぶりに読んだRoald Dahlは面白かった!!

  • Mel's Favorite.
    Movie

    聞き取れた英語。しばらくぶり。完全ではない。誰にもみられてないみたいだから。メモ。

    Witches
    Real witch real witch . one by magic power. Very frighting. Make you nervous. Woman. Always. Living next door. Might have bright eyes. Might be lovly your school teacher. The fat I am still here. Wonderful. Grandmother. England. Have lived there. Norway. My mother’ car skided. My parent killed. Forehead. Scar. Very next day. Forget tragedy. Subject of witches. Listen. Vanish. Which took them my grandmother smell of burning rubber. Ranguenhill. Bread. Little sister. No one. Ever saw rangunhill going. Every case outsid the house. Halo. One morning. Greysih yellow. By evening. Boy turning to stone. Stone statue. I don’t care what’s age you are . you never catch cold. Not much. There are witches everywhere. In the first grade. Real witch evening summer finger nail like cat grab to hide them. The 2 thing. Always bold. Bold. You can take it single hair. Not at all. A real w is wig. To hide the boldness. Ordinary hair. Comes off. I have to do it. Don’t be foolish. Just see what happens. Wigs. Problem. Sculp. Nasty . recognize the witch. Look nose. Large nose holes. Pink seashell. Big nose. Smelly with child pitch black night. Yes she could absolutely clean child. Dirty. It is you. Actually your own skin. Oozing stink way go floating smacking your skin covered with dirt. Nearly so strongy. My once. Sensible child. Moment I love my grandmother than more than ever fun.
    Witches two
    Each eye. Black dot keep changing fire very center. All of your skin. Never have toes. Rubber pointed shoes. Hide wig. And... 続きを読む

  • ロアルド・ダールの英語って読みやすかった。
    子供向けに書かれたものだからかもしれないけど。

  • 2008 Oct.
    YL 6.5 / 36,547 words

  • ちゃんと英語の本も読もうと思って、
    児童文学が一番読みやすいと思ったのでRoald Dahlを選択。
    うん、はい、つぎっ、って感じ。
    いやぁハリーポッターの方が好きです私。
    (いまハリポッターの批評本を読んでいるところ)

全27件中 1 - 25件を表示

The Witchesを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

The Witchesを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

The Witchesのペーパーバック

ツイートする