Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)

  • 65人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (11)
    • (26)
    • (2)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : Tim Vicary
制作 : Jennifer Bassett  Tricia Hedge  Alison Baxter 
  • ¥ 2,000 (参考価格 ¥ 618)
  • Oxford Univ Pr (Sd) (2000年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194229494

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)の感想・レビュー・書評

  • いわゆるバウンティ号の反乱という話であるが、初めて読んだようなきがする。

  • 2冊目
    YL:2.2
    5,862語

  • なぜ、BOUNTY号で反乱が起ったのか。
    追放された船長に何の問題があったというのか。

  • 反乱が起こって船長たちが助かるまでは面白かったが、その後がいまいち。

  • 調べたらとても有名な謀反事件らしい。なんで有名なんだろう?このレベルだと十分伝わらない。

  • バウンティ号で起こった反乱の話。あまり引き込まれないまま終わってしまいました。

  • YL2.0-2.2 5825w  映画『バウンティ号の反乱』簡略版。

  • 人の名前が多くてなんかわかりにくかったなぁ

  • ○あらすじ

    1787年、タヒチに向けてイギリスを出港したHMS Bounty。

    航海は順調に見えたが、船乗りたちは反乱を起こし、

    船長たち19人を舟艇に乗せて追いだしてしまいます。

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    インターネットで見て、ずっと気になってたんです…

    このメル・ギブソンの表紙(爆


    「戦艦バウンティ号の反乱」という実話の簡略版です。

    船を乗っ取ったFirst OfficerのFletcher Christianよりも

    漂流した船長たちを中心に描かれていたのが、印象的でした。

    引き込まれるストーリーだったんですが、

    ラストをもう少ししっかり書いてもらいたかった…;;

    GRって大体そうなんですが、

    途中までは細かく描いてるのに、ラストがあっけないんです;;

    もう少し、配分を考えて書けないものか…(苦笑

  • 映画が観てみたくなりました。
    何度か映画化されているようですが、この本に使われている写真は、Mel GibsonとAnthony Hopkinsの「The Bounty (1984)」

  • 表紙や挿絵を見ると、この物語は映画にもなっているようです。

    1787年、軍艦バウンティ号は、南の海にあるタヒチに向かって故郷イギリスを出発した。
    艦長はウィリアム・ブライ。副長はフレッチャー・クリスチャン。

    しかしブライは頑固な艦長で、クリスチャンはじめバウンティ号の多くの乗組員が彼を嫌っていた。
    タヒチをあとにしてイギリスへ帰り着くまであと一年。
    あと一年もこの頑固な艦長に従わなければならないなんて…。
    怒りと恐れを抑えきれなくなったクリスチャンと乗組員たちはある計画を立て、実行に移した。

    これ有名な実話みたいですね。リーダーズ辞書のなかに主要登場人物の名前が載っているくらいですから。
    Munityとは兵隊、水兵などの反乱、一斉蜂起という意味だそうです
    (リーダーズ英和辞典/リーダーズ・プラスより)。

    結果的にバウンティ号の男たちは数奇な運命をたどることになりました。
    ある者は生き残って故郷へ帰り、またある者は……
    それにしても17人もの男たちが小さな小さなボートの中で、
    すし詰めに近い状態で41日間も生き抜いた事実に驚きです。
    反乱を起こした男たちの最後もこれまた衝撃的でした。

    GRの人気作家Tim Vicaryの作品なので読みやすいです。
    この作家さんは最後の最後にグッとくる言葉を残すのが本当に上手だなあと改めて思いました。

    でも女性には同じレベル1のTim Vicaryならポカホンタスのほうがオススメかな。
    冒険モノが好きな方はぜひ読んでみてください。

  • 航海中のバウンティ号で反乱が起こる。

  • 95冊目 YL;2.2 語数;5862

  • YL 2.2  5,862語

    イギリス船、バウンティ号反乱事件(実話)の話。
    映画化もされたようです。

  • バウンティ号反乱事件(実話)の話。絶海の孤島ピトケアン島にいまだその末裔が暮らしているらしい。時が流れてもリアリティを感じるお話。

全20件中 1 - 20件を表示

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)を本棚に「積読」で登録しているひと

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)はこんな洋書です

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)のペーパーバック

ツイートする