The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"

  • 78人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (6)
    • (35)
    • (5)
    • (0)
  • 23レビュー
制作 : Jennifer Bassett 
  • Oxford Univ Pr (Sd) (2004年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194229616

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ≪県立図書館≫

    ・・・・そんなに面白くなかった。
    全体的に浅はかすぎる。
    どいつもこいつも、短絡的で問題解決能力のない人物ばかりでないかい?
    なんじゃこりゃ。

  • 以外とムズイ

  • The Duke of Holdernesse の息子Arthurは全寮制の学校に入学後2週間で姿を消してしまう。ドイツ語教師も失踪。校長から捜査を依頼されたHolmesはしぶりながらも、極秘捜査の報酬は魅力的であり、Holmesも動き出す。
    謎解き自体は比較的シンプルだけれども、Holmesの語りに雰囲気があり、三谷幸喜ドラマのテーマ曲が流れてくるような、じらされる楽しみがあった。5950wd

  • Holmes「なんて人騒がせな…。迷惑料込みでたっぷり頂こう」

  • YL:2.0-2.2
    語数:5,950

  • 自転車のわだちは覚えてたけど、話はまるで覚えてなかった。ホームズがおちゃめというよりあさましげ。

  • ○あらすじ
    ホームズとワトソンのところに駆け込んできたDr. Huxtable。
    彼の経営する学校から、公爵の息子がいなくなり、
    同じ日にドイツ語教師までもが姿を消したとのこと。
    さっそくホームズとワトソンの二人は、事件の謎を探りに出かけます。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    図書館で目にとまったので、ホームズ本を二冊借りてきてみました。

    挿絵がたくさん挟まれていて、
    結構分かりやすいなぁっと思ってたんですが…
    謎解きや証拠の理由をもう少し丁寧に描いてほしかった;;
    分かるような分からないような…
    細かい部分に疑問の残る事件でした;;
    ☆3.5ってところでしょうか。

    ホームズって、42のタイアの跡を区別できるらしいです。
    読みながら、感心してしまいました(爆

  • 英語勉強用。

  • 諦めました。あと50冊後に再チャレンジします。

  • イギリスで有数な大富豪であるHoldernesse卿の息子Arthurが、全寮制の学校から失踪した。
    同時にドイツ語の教師も失踪した。Huxtable校長から捜査を依頼されたHolmesはその謎に挑む。

全23件中 1 - 10件を表示

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"のその他の作品

ArthurConan,SirDoyleの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"はこんな洋書です

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする