The Gift of Nothing (Christmas)

  • 46人登録
  • 3.96評価
    • (11)
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 13レビュー
  • Little, Brown Books for Young Readers (2005年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780316114882

The Gift of Nothing (Christmas)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『おくりものはナンニモナイ』
    MoochはEarlの特別な日になにかプレゼントをあげたいと思うのだけど、Earlはなんでも持っている。Moochは、そんなEarlにあげるプレゼントにこんなアイディアを思いついた。それは”Nothing”

    So Mooch and Earl just stayed still
    and enjoyed nothing
    and everything.

    by Patrick McDonnell

    http://muttscomics.com/

    四谷所蔵

    『ハグタイム』~『Hug Time』
    『どうぶつがすき』~『Me...Jane』動物行動学者ジェーン・グドールの子ども時代を描いた伝記絵本。

  • nothingを愛して抱きしめるためには、
    お互いの絆をしっかりと築いていかなきゃ。
    あらためて考え直す良い機会をもらいました。

  • 日本語訳ではなく、こちらの原文を読んで欲しい作品。温かい気持ちになります。贈り物としてもいいと思います。

  • S太朗5歳0カ月で出会った本。100冊マラソンの本。

  • カナダ留学中に買いました。
    カナダの新聞にはこのイラストレーターのこのキャラクターのマンガが連載されている。
    この「nothing」という表現、英語独特のものだけど・・・日本語訳だとどうなっているんだろう?

    とにかく可愛くて心あたたまる本☆
    きゅんとします♪

  • 何もかも持っている人にプレゼントをするとしたら一体何をあげればいいんだろう?

    考えあぐねた結果、"plenty of nothing"を大きな箱につめて、真っ赤なリボンをかけ、大切なともだちに贈った主人公。

    最近出会った絵本の中でもおすすめの一冊。
    タイトルに惹かれて買ったけど、中身も題名にふさわしい素敵なお話です。対極の(そして両義の)nothing と everythingという言葉を、とても丁寧に使っているので好きです。

  • 最後のところがおもしろかった。

  • 豊田市図書館

  • ●YL0.3くらい? 『おくりものはナンニモナイ』訳:谷川俊太郎さん    <BR>なんでも持ってるお友達になにをプレゼントしましょうか? 一生懸命考えて考えて辿り着くプレゼント!  ジィンとします♪イラストもシンプルに空間を生かして素敵♪

  • こんな簡単な言葉とシンプルなストーリーで、こんな深いことが言えるなんて! しかもユーモアにくるんで。すばらしい名作! 必要なものをすべて持っている親友に何をプレゼントしたらいい? 主人公は「nothing」をプレゼントて・・・。
    277words

全13件中 1 - 10件を表示

Patrick McDonnellの作品

The Gift of Nothing (Christmas)はこんな洋書です

The Gift of Nothing (Christmas)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

The Gift of Nothing (Christmas)のハードカバー

The Gift of Nothing (Christmas)のハードカバー

ツイートする