Beezus and Ramona

  • 17人登録
  • 4.11評価
    • (4)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : Beverly Cleary
制作 : Jacqueline Rogers 
  • HarperCollins (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780380709182

Beezus and Ramonaの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • YL: 4.5
    22,012語

  • 姉妹ってこんな感じ

    がんばれおねえちゃん

  • YL:4.5
    語数:22012

  • ○あらすじ

    10歳のBeezusの悩みは4歳の妹Ramona。

    マシュマロを顔に塗って白粉のふりをしたり、

    知らないうちにパーティーを開こうと友達を家に招待していたり、

    Beezusだけでなく、家族全員がRamonaの行動に振り回される毎日。

    そんなRamonaを嫌いだと思ってしまうBeezusは、

    そう思ってしまうことに対して罪悪感を感じているのですが…。

    (あらすじは参考程度にお願いします。)


    ☆感想☆

    Ramonaシリーズ、読み始めました。

    Henry君シリーズは、全て図書館本でしたが、この巻だけ購入本です。

    図書館本は古くて、現在発売されているものと挿絵が違うので、

    どうも新しい挿絵に違和感を感じてしまいます;;

    ぎこちないというか…前の挿絵の方が味わいがあって私は好きですw


    今回は、Beezusの視点で書かれています。

    Henry君も三章でRibsyと一緒に登場するんですが、

    Henry君シリーズと比べると全体的にパンチが弱い気がする…;

    Ramonaは、いつも通りハチャメチャなんですけどね;;


    ただ、Beezusのお姉ちゃんとしての気持ちが本当によく描かれていて、

    最初から最後まで、共感しっぱなしでしたw

    これからRamonaがどう成長していくか、楽しみです☆

  • 語数:22,012

    このシリーズの1巻です。
    自分の思うがままにふるまう子どもらしいラモーナがそこにいます。
    とても創造的で突拍子もないことをしでかすラモーナを
    うっとうしいと思いつつ、憧れる姉ビーザスの心の動き描かれた楽しい作品です。

  • Ramona はずごい! Beezus は偉い!

全6件中 1 - 6件を表示

Beverly Clearyの作品

Beezus and Ramonaはこんな洋書です

ツイートする