Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)

  • 70人登録
  • 3.73評価
    • (10)
    • (12)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : Leo Lionni
  • Dragonfly Books (1974年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780394829111

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 嫌われ者のネズミのアレクサンダーと、ゼンマイじかけのネズミのおもちゃウィリーが友達になります。大事にされてたウィリーも、持ち主の子供に飽きられてしまって…
    分かりやすいハッピーエンディングなお話。
    コラージュみたいな(ていうか、コラージュそのもの?)絵がとにかく魅力的な本。アレクサンダーが庭で紫の小石を探すシーンは息が止まりそうにキレイでした。

  • ねずみのアレクザンダーは、ある日、からくりねずみのウィリーと出会いました。アレクザンダーと違って、ウィリーは大切にかわいがられています。

    愛して欲しいと願ったアレクザンダーは、ブラックベリーの繁みに住む魔法使いのトカゲに、おもちゃのネズミに変えて欲しいと頼みます。魔法使いは、紫の小石を満月の晩に持ってくれば願いを叶えると約束しました。

    やっとのことで小石を見つけた時、アレクザンダーは、処分されそうになっているウィリーを見つけます。ウィリーの持ち主の女の子が、誕生日に新しいおもちゃをたくさんもらったので、ウィリーはいらなくなってしまったのです。

    アレクザンダーは、満月の夜に紫の小石を持って、魔法使いの元へ行きました。願いを叶えてもらうためです。彼が願ったのは…。

    かわいいイラストだ。切り絵なのかな?色んな素材を使ってるように見える。

  • [墨田区図書館]

    やっと原書と邦訳が揃ったので息子と。と言っても息子は日本語の本を、私が原書本を一人で読み上げるというスタイル。それでもまぁまぁ最後まで聞けたかな?

  • レオ・レオニ 絵本のしごと展にて。

    絵本も良いけれど、原画の凄さに驚きました。貼り絵でも、色々な模様の紙を自然に使っています。
    きっとレオ・レオニさんは紙が大好きなんだろうと。

  • 1030

  • 大好きな(私が^^)leo Lionniの絵本です。

    ねじをまいて動くねずみと出会った、ねずみAlexanderのお話。

    何にでも変身させてくれるトカゲがいると聞き、自分を同じようにおもちゃのねずみにして欲しいと思うAlexander・・。

    最後は心温まるラストです!

  • 4歳10ヶ月で出会った本。Leo Lionniの世界感たっぷりです。お兄ちゃんもたぶん4作目だと思うので、同じ人が描いたってことがわかってきたみたい。でもLionniさんが描いてるの?

  • ねずみのAlexanderは、皆に好かれているぜんまいのねずみのWillyをうらやみます。743語、32ページ。

  • YL=2.4
    words=743

    2009.07.20(sun)

全21件中 1 - 10件を表示

Leo Lionniの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)はこんな洋書です

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)を本棚に登録しているひと

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)を本棚に「積読」で登録しているひと

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)のペーパーバック

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)の図書館

Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)のハードカバー

ツイートする