Z. for Zachariah: Elementary Level (Heinemann Guided Readers)

  • 14人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (0)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Peter Hodson 
  • Macmillan Education (1992年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780435272098

Z. for Zachariah: Elementary Level (Heinemann Guided Readers)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 放射能の汚染から免れた村に一人で暮らす少女のもとにガイガーカウンターを持って防護服を着た生き残り兵士がやって来て…あまりにも今日的な話 わずかにしか残されてない安全な空気、飲み水、田畑、家畜をめぐって、核戦争の後も、生活空間確保の争いがあるという話

  • 軒を貸して母屋を取られた少女。

    すかっとしたエンディングで楽しめました。

  • 核戦争後のアメリカ。
    Annは、放射能汚染を免れた村で、たった一人生き残っていた。
    村の外の世界はすべて放射能で汚染され、死に絶えていた。
    世界中で生き残っているのは、自分ひとりかもしれない… そう思っていたある日、Annは、村に近づいてくる人間がいるのに気づく。
    それは、一人の男だった…

    ‘風の谷’? って感じの設定。
    ‘Z. for Zachariah’の意味が出てきた時には、なるほど〜 と、ちょっと感動してしまった。
    でも、話自体はどうなんだろう…?
    私には、彼が結局どうしたかったのかが全く解らず、不快感しか感じなかった。

  • 核戦争後に残されたのは、汚染されていない唯一の村と一組の男女。ちょっと悲しい気持になります。未来がクライのがつらいな…

  • 核戦争後、放射能汚染を逃れた谷に住むAnnはひとり自給自足で暮らしていた。そこに防護服を着たひとりの男がやってきた。男は汚染されいてる池で水浴びをして病気になってしまいAnnは介護をする…。
    話がどうなるのか気になって一気に読みました。うーん、なんなんだあの男は。って感じですね。英語はものすごく読みやすかったです。
    (MMR3、YL2.7、総語数12,000語)

全5件中 1 - 5件を表示

RobertC.O'Brienの作品

Z. for Zachariah: Elementary Level (Heinemann Guided Readers)はこんな洋書です

ツイートする