A Walk to Remember

  • 14人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : Nicholas Sparks
  • Grand Central Publishing (2004年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780446693806

A Walk to Rememberの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ATOS Book Level: 5.8
    Word Count: 48124
    Gunning Fog index: 7.41
    Flesch Kincaid Grade level: 5.79
    Flesch Reading Ease: 77.81

    SVL10: amass, artillery, asphalt, baptize, bastard, bingo, brag, composure, conjunction, consecutive, default, diagnose, duo, eerie, engrave, exasperate, exodus, expulsion, feign, flicker, flirt, flop, forge, frenzy, fret, gag, gin, graveyard, grimace, heartless, hideous, lax, mandatory, maritime, muster, neutron, numb, oblivious, onset, outburst, outweigh, overhear, pageant, poker, politic, radiate, relativity, relentless, reset, revert, scribble, semester, semicircle, shimmer, shuffle, slick, sloppy, snuff, spout, strut, stud, tint, topple, trek, unspoken, wary, wince, wistful

    SVL11: bidder, bluff, blurt, bun, clout, courthouse, crap, decipher, demeanor, denomination, doe, downright, drape, drench, ethereal, exhale, fathom, fiddle, fluke, foray, foreman, furrow, genesis, grit, grudge, grunt, halo, inhale, leukemia, lineage, ludicrous, luster, miscarriage, mull, nestle, perk, pivotal, plywood, proprietor, putt, retribution, rove, slur, smite, smug, squeal, squirm, strew, swagger, teem, terrain, translucent, whack, wrath

    SVL12: averse, creak, dab, dejected, despondent, disheveled, dune, foreclose, inquisitive, leech, lethargic, lisp, listless, oscillate, penance, pounce, psalm, puberty, rapt, stuffy, unscathed, vicinity, volition, wheeze

  • 【概要・粗筋】
    下院議員の息子で悪ガキ・ランドンと、バプティスト派牧師の娘・ジェイミーの純愛を描いた小説。放題は『奇跡を信じて』。この放題はややネタバレっぽい。ちなみに、映画はそのままで「ウォーク・トゥ・リメンバー」。

    英文自体は簡単で、TOEIC600レベル以下の英語力で十分かな。ただ、Amazonなどのレビューを読むと笑える部分もあるらしいが、そんなところ皆無だった。だから、細かいところはわかっていないかもしれない。

    【感想】
    とにかく展開がゆっくり。全13章で、ランドンがジェイミーに対する自分の気持ちに気づくのは9章の最後。11章の最後でジェイミーの秘密が明らかにされるまでは、かなり平坦な展開。それでもクライマックスの12章は少しホロッとくる程度だった。

    あまりにも王道的な純愛小説。でも、平凡な作品。

  • 2010年5月10日読了

    はじめて、ニコラススパークスを読んだら、非常に波長があって、感動した。
    特に舞台がNCというのが、壺にはまった理由だと思う。

  • なんと言われようが、nicholas sparksの恋愛小説は好きだーー

全4件中 1 - 4件を表示

Nicholas Sparksの作品

A Walk to Rememberはこんな洋書です

ツイートする