*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)

  • 55人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (10)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : E. Nesbitt
  • ¥ 4,229 (参考価格 ¥ 1,174)
  • Pearson Education ESL (2000年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582417908

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)の感想・レビュー・書評

  • 古き良き昔の、子供と人々のおはなし。

  • ロンドンに住む一家。ある日知らない男たちがやってきて、父親がいなくなり、田舎に引っ越すことになりました。母親は理由を教えてくれません。家は貧しくなりましたが、新しい家の近くにあった駅で、子供たちは新しい人たちと出会い力強く生きていきます。OBW3よりも会話のテンポがよく、あっさりと読めます。4890wd

  • SP002-024
    YL2.4-2.6*004890語*3訂ガイド
    ☆GR_PGR2
    ☆CDあり

  • YL2.2 語数6000 総語数246752

    人との交流が素晴らしい心温まる話。
    子供達は皆とてもいい子で、家族愛に感動。読みやすい。

  • YL2.2  W6000 T831877

  • このリライト版がなかなか面白かったので、
    オリジナルのPBも図書館で読んでみました。

    大きな家で何不自由なく育っていた3人のきょうだい。
    ある日、父親が見知らぬ誰かと一緒に家を出てから、
    きょうだいは母親と4人で田舎の鉄道のそばに越して、
    小さな家でつつましい生活を始める。

    でもきょうだいに悲壮感はまったくなく、
    駅をめぐる人々とすぐに打ち解けると、
    次第にお互い助け合うようになっていく。

    ほんわかした雰囲気がいい。
    子どもたちのたくましさには脱帽です。

  • Roberta、 Peter、Phyllisのきょうだいは、両親と共に幸せに暮らしていた。
    ところがある日、突然、父親が出て行ったきり帰ってこなくなり、一家は、田舎の小さな家に引越し、貧しい生活を送ることになる。
    そんな中でで、きょうだいは、家の前を通る鉄道や、駅の人たちや、村の人たちと触れあいながら、明るく、元気に日々を送る。

    話自体はよくあるような話なんだけど、家のすぐ前を通る鉄道の使い方が良い。

  • 突然引越しをすることになった、三兄弟と母親。
    引越し先は今までと違った小さな家で、貧しい暮らしが始まる。
    そんな中、三人の楽しみは近くを走る列車を見ること。

  • 心温まるよいお話です。字数と使用単語の制限があるので、省略されているところが多いのでしょう。だけども、その分、そのうち原作を読んで見たいと思わされるよさが!
    あまり期待していなかったけど、予想以上のヒット!

    YL 2.4
    総語数 6000語

    累計 10万語突破(102989語)

  • 104冊目 YL;2.2 語数;6000

  • YL 2.2  6,000語

    父親の謎の失踪のため、都会暮らしを捨てて、田舎で母親と共に、貧しい生活を送ることになった3人の子供たち。
    家の近くには、汽車の通る線路がありました。
    汽車の運転手さんや駅で働く人たちと仲良くなった3人は、様々な経験をします。

  • ある日突然父親がいなくなり、母と3人の子供たちは、田舎の小さな鉄道沿いの家に引っ越すことになります。貧しい中でも、子供たちは、鉄道で働く人々や、乗客たちと仲良くなり明るく日々を過ごしますが、そんなある日・・・。6000語。

  • 【あらすじ】両親と幸せに暮らしていた3人兄弟。ある日突然父がいなくなり、田舎町の線路端にある小さな家に引っ越さねばならなくなった。父のいない家は貧しく、母は父がいなくなった理由を子供たちに話してはくれない。けれど3人には、次々と良い友達ができていく。<br>
    <br>
    --------<br>
    <br>
    アマゾンでこの本を眺めていたら娘がやってきて、<br>
    「あ、この本知ってるよ。クラスですごい人気でね、読書の時間に取り合いになってケンカしてる子がいた」。<br>
    ほほう。じゃ、読んでみましょ。<br>
    <br>
    最初は<br>
    「母子家庭のありがちな苦労話?」と思っていましたが、なかなかどうして。<br>
    ちょっぴり冒険があったり、人の優しさが胸にしみたり。<br>
    最後にはホロッときました(笑)<br>
    <br>
    父親失踪のエピソードについてはサラッとしか書かれていなかったので、もう一度原書で読んでみたいなーと思いました。<br>

全17件中 1 - 17件を表示

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)を本棚に登録しているひと

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)を本棚に「積読」で登録しているひと

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)はこんな洋書です

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)のKindle版

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)のペーパーバック

*RAILWAY CHILDREN PGRN2 (Penguin Reading Lab, Level 2)のペーパーバック

ツイートする