Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?

  • 129人登録
  • 3.73評価
    • (24)
    • (23)
    • (42)
    • (2)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : Louis Sachar
制作 : Adam Record 
  • Random House Books for Young Readers (1993年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780679819479

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろいから、一思いに読んだ。

    小学生なら、そういうからかいにあうことはあるだろうとは思うが、最初はなんだかかわいそうで…

    しかし、最後の切り返しは天晴れ。家族の力があって、違う切り口からクラスに溶け込めて、good jobなラスト。

  • 途中まではなんとも悲しく感じてしまいます。
    身の覚えがあるからでしょうか。
    Marvinのように行動できたらと思いました。

  • いじめが拡がって親友までが…というさまに胸がつぶれそうになる
    解決の方法がとってもかっこいい

  • お前鼻くそほじってただろ!とクラスメイトから言われ、ほじってない!って言っているのに、クラス全体に広まり、担任の先生にまで注意されるMarvin。このまま生きててもずっと鼻くそほじりのレッテル貼られたままで嫌だ・・という気持ちがよく伝わる。閉じこもりがちになり、人と接しなくなるー 最後の展開が素晴らしい!

  • 途中までは嫌な感じだったけど、最後はMarvinあっぱれ!という感じでした。(^^)

  • 序盤は児童書とは思えないほどの切ないストーリー展開で、この後どう進むのかと思っていましたが、中盤以降に思わぬどんでん返しがあって胸がすく思いがしました。Marvinシリーズの中では今までのところ一番のお気に入りです。

  • YL: 2.5-3.5
    4,631語

  • ちょっとしたことでいじめのあったMarvin、子供は時として残酷です。それを解決したのは家族の力と校長先生の一言でした。

  • [図書館]
    読了:2012/12/9

    4631
    21.75

    いじめの話なので読んでてちょっときつかったなぁ。教師の役立たずさとか…。
    Linzy すごい子。1巻の時もだけど、家族がちゃんと家庭として機能しててすごい。めったにないんじゃないの、こんなこと。
    最後の方は笑っちゃった。すっきりした。

  • 話の内容はともかく・・・

    pick up your nose.

    みた、みてないのけんかでこの文章がでてきたので
    最初はなにかの言い回しなのか?と思ってしまいましたが
    どういう意味か分かってくると、言いがかりにしろ
    どうして you are picking up your nose. なのか。
    そこのところがちょっと面白かった

全29件中 1 - 10件を表示

Louis Sacharの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?を本棚に「積読」で登録しているひと

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?のペーパーバック

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?のペーパーバック

Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?の図書館

ツイートする