Poison Study (Study Series)

  • 17人登録
  • 4.22評価
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : Maria V. Snyder
  • MIRA (2008年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780778327110

Poison Study (Study Series)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年7月15日読了。

    評判がよかったので、kindleで買いました。
    シリーズが全部入っててお得でした。
    で、1作目のこの作品を読み終わった。

    評判良いだけの事はありますね。
    面白い。殺人の罪で死刑を待つばかりだったイェレンナが、将軍の毒見役として働くことを条件に特赦を受けるところからお話が始まるのですが、次から次へと主人公を襲う危機と誰が敵で誰が味方かわからない状況で、主人公と同じように疑心暗鬼になりながら読み進めました。
    ドキドキハラハラでしたね。

    上司のバレクも素敵ですが、アリとジャンコのコンビが私はお気に入りです。

  • すぐにハマってしまった、大好きなシリーズです。
    主人公達が魅力的です。
    魔法や、戦士もので読みごたえ十分

  • やっと読了。
    殺人の罪で処刑を待つ身のYelenaはある日、処刑かCommanderの毒見役になるかの選択を迫られる。死ぬまで解放されない仕事だが、生きる望みを懸け毒見役となる。上司はCommanderの右腕で冷酷なValek.。
    誰が敵か味方かもわからず、命を狙われ、過酷な運命を彼女は懸命に生き抜く。そして自分の秘密をも知ることとなる。

    うーん、Mayによれば‘すっごくハンサム’なValekがとっても気になります。

  • Studyシリーズの第1巻。
    死刑になるかわりに、コマンダーの毒味役をすることになったYelenaを主人公としたロマンス・ファンタジー。
    彼女の上司である元暗殺者のValekは、見た目もいいし、頭は切れるし、妥協を許さないし、剣を持たせれば敵うものはいないし、しかもちょっぴりSで、「パーフェクト」な男性。
    そんなわけで(笑)、二人の関係も次第に変化していくのですが、予想以上に甘くなっちゃったのは、ハーレクイン社から出版されているから??
    Yalenaに次から次へと襲いかかる試練に息つく暇もない…というか、Chapterの最後にいつも急展開があるので、ついつい次の章へ進んでしまうところが、出版社の戦略に嵌められている気がします。
    英語も読みやすいですよ。

全4件中 1 - 4件を表示

Maria V. Snyderの作品

Poison Study (Study Series)はこんな洋書です

Poison Study (Study Series)のペーパーバック

Poison Study (Study Series)のペーパーバック

ツイートする