Salome

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : Oscar Wilde
  • Branden Pub Co (1989年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780828314671

Salomeの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔読んだ気がしますが、オペラの予習で再読。

    繰り返しが多く、意外とシンプルな作品なので、逆に演出のし甲斐がある戯曲だろうと思います。
    妖女なんて言われることもありますが、サロメはむしろまだ未熟な少女で、そこがフィクションとしては美しくも痛々しい。

    母娘の関係は希薄で、父は義父に殺され、義父からは性的視線を向けられ、物質的には満たされていても対等な友人もおらず、身体だけは美しく成長して周囲の男性たちはあこがれの視線を向けるけれど彼らに興味はない。そんなところにひたすらに神だけを見つめ彼女を見ようとしないヨカナーンが現れる。「自分を見ようとしない男だから夢中になる」という解釈もできるし、「目に見えない神を信じるヨカナーンの精神的深みが彼女を救いそうになる(でも救えないけど。それとも救ったのかな。)」という風にもとれる。
    サロメを自己中心的な狂った美少女として突き放して描くことも、孤独な魂として描くこともできると思うので、舞台によってきっと印象がすごく違いそうです。

    アイルランド人がフランス語で書き、自ら英訳し、ドイツ語でオペラとして成功した作品ということで、ヨーロッパの世間の狭さがある意味実感される作品でもあります。
    文章はさすがの美しさ。フランス語も読んでみようかなあ。

  • サロメ、大好きです。

    Aubrey Beardsleyの繊細でどこかおそろしい絵も物語にとても合っていて好きです。

    生きて手に入らないなら、いっそ殺めてしまえ。さすればあなたは永遠にわたしのものだ。
    サロメのような情熱、わかる気がします。

    ほんとうに美しい文章で、うっとりします。

    なんども読み返したい本。

全4件中 1 - 4件を表示

Oscar Wildeの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Salomeに関連する談話室の質問

Salomeはこんな洋書です

SalomeのKindle版

Salomeのペーパーバック

SalomeのKindle版

ツイートする