Angels & Demons (Robert Langdon)

  • 99人登録
  • 3.62評価
    • (14)
    • (14)
    • (30)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : Dan Brown
  • Pocket Books (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (736ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781416524793

Angels & Demons (Robert Langdon)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 148,768words
    英語は簡単で読み易いです。でも、印刷版で700ページ以上あるので、さすがに疲れました、、、教授のヘリコプター脱出はそんなばかな!?という感じ。

  • 科学と宗教の戦い。
    ヒッグス粒子でニュースになったCERNも出てきます。
    アクションミステリー大作。
    ダビンチコードの方が面白かったかも。

  • Getting far fetched.

  • シリーズ既刊3冊中一番好き。ヴァチカンを歩きたくなる。

  • 読もう読もうと思ってようやく手をつけた作品。出だしのRobertの事件への巻き込まれ方があまりにも優柔不断でいただけなかったけど面白かった。「宗教と科学」と相反するモノなんだけどちゃんと相互に絡みあわせているプロットが素晴らしい。

  • 日本語版で読んでしまいました。
    三大宗教に関わる本が割と好きなので、楽しく読めました。

    バチカン市国に行ったあとに読んだのですが、行くまえに読んでいたらもっと観光を楽しめたなーと少し後悔しました。

    ヨーロッパに行く予定がある人は、行く前に読むことをオススメします。

  • ダビンチコードの後に読んだ。ほんとはこっちがラングドンシリーズの一作目だけど…。内容もどこかかぶっていたが、これはこれで楽しめた。イタリアの都市設計に隠された秘密とか、面白い視点が入っててすばらしかったです!

  • 約1ヶ月、ようやく読み終えました。710ページの大作。
    ダ・ビンチ・コードは文庫本で読んだのですが、知らないことがあまりに多くてけっこう大変だったのを覚えています。
    こちらも知らないことが多かったのですが、知らないことは知らないこととしてあまり深く考えずに読んだので、ある意味ダ・ビンチ・コードよりも楽に読めたかも。

    710ページあって、かつ1ヶ月かかって読んでおきながらこんな表現はおかしいという気もしますが、「非常にスピード感のある物語」です。約24時間を登場人物の昔の思い出を織り込みながらテンポの良い展開で進んでいきます。

    ダ・ビンチ・コードと同じように「え?!、そっちか!?」という場面が出てきて、それも楽しめますね。

  • これは絶対に映画観る前に読んだ方が良いとお勧めします。

  • ダヴィンチのラストが尻すぼみでがっかりさせられたのに比べ、これは最後の最後まで一気に読まされた。ブラウンの小説では一番の出来。

全19件中 1 - 10件を表示

Dan Brownの作品

Angels & Demons (Robert Langdon)はこんな洋書です

Angels & Demons (Robert Langdon)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Angels & Demons (Robert Langdon)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Angels & Demons (Robert Langdon)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Angels & Demons (Robert Langdon)を本棚に「積読」で登録しているひと

Angels & Demons (Robert Langdon)のハードカバー

Angels & Demons (Robert Langdon)のCD

Angels & Demons (Robert Langdon)のカセット

ツイートする