Angels and Demons

  • 34人登録
  • 4.24評価
    • (10)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : Dan Brown
  • Simon + Schuster Inc. (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (572ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781416528654

Angels and Demonsの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『The Da Vinci Code』のシリーズものということで購入。Dan Brownの小説はうんちく部分が面白くていいですね。信仰を天使、科学を悪魔にたとえて、その2つのジレンマがテーマなのだろうと思います。そこのところが映画ではうまく表現できなかったみたいなのが残念です。真犯人が分かり大事件が片付いた後の話が良かったです。

  • 単純に面白かったです。殺人者との緊迫のやり取りには、息を呑みました。最後のオチは、なんかダン・ブラウンらしいというか。いい意味で裏切られます。歴史好きの僕には、そこら中に散りばめられている歴史うんちくが結構好きだったりします。

  • 面白かった。
    問題の印の作りが頭良すぎて感動した。
    映画より原作の方が良い。


    【自主的に購入】

  • 未読。The Da Vince Codeがあまりにもおもしろかったので購入も積読状態

  • 映画を先に観てしまったけど、読んでみたいと。
    未読のため☆一つ。

    (追記その1)
    読み終えました。antimatter を持って展開するシーンは「それはないやろ(笑)」と思ってしまいました(笑)ここの展開は映画の方が良かったかな。

    ダヴィンチ・コードも同じですが、取り巻いている環境は宗教界という設定といえど、普通に「我執」といいますか、良かれと思っていることが現代の美意識の一線を大きく踏み出しているだけというか。キリスト教の教義を詳しく知らないので誤った感覚かも知れませんが、敬虔であればあろうとすると逆に矛盾が生じるなぁと。

    ・・・とはいっても読み物としては普通に楽しめました。言葉の表現など、自分の能力がもっと高かったらもっと楽しめたと思います。2回目に読むときがまた楽しみです。

  • 「Da Vinci Code」の前に書かれた作品。主人公ラングドンがイタリアやスイスを飛び回り問題を解決していく。
    ただ、antimatterこと反物質などと言った、
    物理の専門用語などが出てくるので難しかった。
    ちなみに、この話はDa Vinci Codeの最初の方に
    ちょびっとだけつながっている。
    なので、Da Vinci Codeを読むならこれを最初に読んだほうが良いかもしれない。

  • これもダビンチコードに劣らずおもしろいっ!

全9件中 1 - 9件を表示

Dan Brownの作品

Angels and Demonsはこんな洋書です

ツイートする