Agile Web Development With Rails (Pragmatic Programmers)

  • 14人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Leon Breedt  Mike Clark 
  • Pragmatic Bookshelf (2011年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781934356548

Agile Web Development With Rails (Pragmatic Programmers)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三部構成になっていて、始めにインストールやMVCの概念を軽く説明し、次に、Depotというオンラインストアを作りながらRailsの使い方を丁寧に解説している。最後に、Depotを例にしながらRailsの仕組み(e.g. MVCの内部の振る舞い、Caching)と、Pluginsの紹介をして終わる。

    RoR3 Tutorialという本では、Herokuやrspecなどの有名どころのツールを使った開発方法を説明しているが、本書では、FixtureやScaffoldなどのデフォルトで備わっている機能を使った開発方法の説明に専念している。

    個人的には、洋書ではこのようなサンプルを使った解説が流行っていて、和書では、レシピブック系(e.g. Rails 3 レシピブック、 Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング)が流行っているような気がするので、うまく組み合わせて勉強すると効率的にRails 3を学べるような気がします。

全2件中 1 - 2件を表示

Sam Rubyの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Agile Web Development With Rails (Pragmatic Programmers)はこんな洋書です

Agile Web Development With Rails (Pragmatic Programmers)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Agile Web Development With Rails (Pragmatic Programmers)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Agile Web Development With Rails (Pragmatic Programmers)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする