一般言語学講義

  • 186人登録
  • 3.45評価
    • (6)
    • (9)
    • (28)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 小林 英夫 
  • 岩波書店 (1972年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000000895

一般言語学講義の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いまとなってはすっかりお馴染みになった、物事に固有の価値は絶対的に存在するのではないという考え方や、シニフィエ・シニフィアンといった概念だが、はじめて学んだときの衝撃は忘れられない。あらゆる事象をとらえるときの根本的な前提になっている気がする。
    ただ、いきなり本書にとりかかっていたらあまり理解できなかっただろうという気はする。

  • 難しくて細部まで拾うことは出来なかったけど、言語の変化や言語と関係する肉体的な部分だったり地理的な部分との関係性について語っている本だとすれば、そんな風に言語を分析していく過程は難解でも面白かった。

  • だいぶ歴史的背景があるからソシュールを攻めきれないけど、〈実体〉を排して〈形式〉で言語を詰めていっても、失敗するよなあという。

  • 高校生の時に読みちんぷんかんぷんだった本。今なら少しは読めるかな。

  • ご存知、ソシュールさんの講義録です。
    残念ながらすごく読みにくい。これは皆さんが書いてますね。それで、ほかからも訳が出たようですが、とにかく読みにくい。

  • これを読まずにポモとか言っているやつは
    どうでもいい

  • 読了

  • 1949

全8件中 1 - 8件を表示

フェルディナン・ド・ソシュールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
ウィトゲンシュタ...
ジークムント フ...
クロード・レヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

一般言語学講義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする