月の満ち欠け 第157回直木賞受賞

  • 898人登録
  • 3.72評価
    • (58)
    • (94)
    • (89)
    • (16)
    • (3)
  • 111レビュー
著者 : 佐藤正午
  • 岩波書店 (2017年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000014083

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞の感想・レビュー・書評

  • 今日ディーラーに車の点検に行って来た。
    待ち時間に読みかけのこの本を読む。
    物語もいよいよ終盤。
    参った、涙で視界が滲んでくる。
    そんな時に「お待たせしました」って営業さん。
    涙止まらないし、鼻水すすってるし、ちょっとおかしなおばさんて思われたかも。

    いやー、今年読んだ中で(大した数読んでないけど)間違いなくダントツ一番。
    ミステリーと恋愛がどちらも破綻せずに融合していて、この面白さ。
    佐藤正午の本は好きな本いっぱいあるけど、これ一番好きかなぁ。

    時間軸を行ったり来たりする展開や、すれ違う男女、SF要素が入っているいるところ、どれもこれもまさに佐藤正午なんだけれど、まったく使い古されてないしマンネリ感もない。
    純粋にその世界にはまって、どうしようもない心のありようにただただ途方に暮れてしまった。
    こんな恋したいよねー(笑)

    読みたい本もさほどなく、読んでも熱中せず、ブクログからは遠ざかり…
    ご無沙汰しております、フォロワーのみなさま。
    こんな私ですが、この本のレビューだけは書きたかった。
    一人でもいいからこの本を読む気になってくれると嬉しいなぁ〜

  • ブク友さんからのお薦めで7月15日に図書館でリクエスト。
    今月の20日にようやく手元に届き、遅読の私が2日間で読了。
    早い人なら半日もかけずに読み終えるだろう。
    ページをめくる手を止めて考え込む場面など、ひとつもない。
    それほどさらさらと読めるというのは、作者さんの確かな力量あってのものだろう。
    とにかく読みやすい。
    輪廻転生をテーマにした恋愛ファンタジーとでもいうのだろうか。
    多少ミステリーの要素もあり。
    割と使い古されたモチーフだが、情念に溺れず、かと言ってドライにも傾かず。
    「どうなる?」と展開を予想させる精密なプロットと絶妙な筆致で、上手い作家さん
    だなぁと感心しきり。

    物語は「瑠璃」という女性の生まれ変わりを軸として進む。
    ただこの女性が登場するのはお話が四分の一ほど進んでから。
    生まれ変わりのおかげで四苦八苦&右往左往する家族(特に男性は被害者と言っても
    良いほど)たちの方に、むしろ視点は多く当てられている。
    また、「瑠璃」がそれほどまでに相手に思いを残して死んでしまったのは「不倫」
    ゆえであり、その代償かと思うほど輪廻転生もなかなか首尾よくはいかない。
    ここまで周囲を混乱させてまで転生したいのかと少々辟易もするが、登場する家族たちの
    会話や回想から見えてくる細やかな心の機微が甘く切なくて、読みどころはこちらかと。

    興味深いのは、三度の転生が全て幼い少女の身を通して行われること。
    読み手としては、ここがもどかしいところ。
    たぶんこうなるだろうという着地点だったが、不倫相手はすでに中高年の域。
    対して、幼い少女である。この後の展開は・・相当辛くなりそうだ。
    ただ、序盤から登場している「小山内」という男の、ラストのエピソードにはじわっと来た。
    こちらを膨らませてもうひとつ書いてほしいくらいだ。

    自分自身で言えば、輪廻転生などしたくないな。
    他人の人生を乗っ取ってまで、自分の思いを遂げたくない。
    満ち欠けする月のように生まれ変わるよりも、樹木のように穏やかに満足して生きたいと願う。

    今回思いがけず直木賞受賞作品を読むことになってしまったが、それが妙に
    恥ずかしくて(笑)読んだのは内緒にしようかと思ったほど。
    でもお薦めしてくれたブク友さんを思い出し、感謝を込めてのレビュー。
    本当に久々の「小説読み」は新鮮な体験だった。

  • 月のように欠けてもまた満ちてゆく。生まれ変わる。ただ、あなたにまた出会うために――。
    瑠璃と同じくらいの年齢や、もっと若い頃なら、私もそう願ったかもしれない。いや、そうだ、実際に願っていたんだ。記憶を持ったまま、生まれ変わって、また、逢いたい。あなたに。と。
    その頃に読んでいたら、きっとロマンティックな想いに浸れたのに。
    だけど、樹のような生き方もできない今、もう月のようにとも思わない。思えない。瑠璃のその深い想いが羨ましいような、うっとおしいような。
    私には瑠璃の執着がなんだかとても、とても怖かった。
    怖いくらいの“愛”、それはやっぱり羨ましいものでもあるのだけれど。

  • 第157回直木賞受賞作品。初読み作家。
    目の前にいる娘は、亡き娘の生まれ変わりなのか?月の満ち欠けのように生まれ変わる少女に、3人の男性が関わる。何度も生まれ変わっても、彼女は愛する人を探し求める。
    冷静に前世などと考えると、理論的にはなどと考えたりしてしまいそうだが、余り違和感なくストーリーに入り込めた。純愛なのか、SFなのか。一つ間違えると、ホラーやオカルト的な要素が強くなってしまいそうだが、そうしたこともなく一気に読めた。ラストは予定調和だが、それでもぐっときた。

  • お堅いイメージの岩波書店がこの手の恋愛ファンタジー小説を出したことに軽く驚きました。
    生まれ変わってかつて愛した人のもとへって、下手すると陳腐なメロドラマに成り下がってしまいそうなものですが、緻密な構成とベテランの巧みな筆致でどんどん物語に引っ張られていきました。
    ラストはそこまで衝撃的とは思いませんでしたが、まあ普通にいい作品だと思います。

    個人的には「ありえないことが現実に起きた」ことにするよりも「ありえないことがもしかしたら起きたのかもしれない、結局よくわからない」ぐらいのニュアンスのほうが好みというか、物語により深みが出たんじゃないかという気がしますが、逆に今より分かりにくくするとついてこれない読者も出てきそうですし、難しいところですかね。

    私、佐藤さんの作品は10年ぐらい前に1冊だけ読んでいます。
    確か光文社文庫から出ている『ジャンプ』だったと思うのですが、あんまりいい印象じゃなかった記憶しかないです。
    理由も忘れてしまいました。実家に本があるはずなので帰省したら再読してみようかな。

    それにしても、デビュー33年目の著者ご本人にとってもまさかの直木賞ノミネートでしょう。
    選考委員の半分以上が佐藤さんより後にデビューしているんだから、きっとみんなやりにくいだろうなあ。
    この賞の傾向としてファンタジー作品に厳しいので受賞は難しそうですが、ひょっとするとひょっとするかもしれません。

  • 生まれ変わりの話。

    関係者それぞれの視点から、不可思議な現象が語られる構成となっており、読後時には時系列で起きたことがほぼはっきりする流れ。

    起きる出来事自体は、様々なフィクション作品で取り上げられそうなものなので、よく言えば馴染みのある、悪く言えば手垢にまみれてそうな設定。

    素直に感動もしきれない出来事なので、どういった気持ちで読めば良いのか最後までよくわからなかった。

    ビデオ屋あたりで繰り広げられた、「話し手の語る内容が要領を得なくて、聞き手が追い付くのに苦心する」会話の描写が現実にありそうな会話で、上手いなぁと感じた。

  • 上司に薦めてもらった本。
    メモを取りつつ、時系列を整理しつつでないと読めない。どこが重要なのかがわからないから、よく前に戻る。
    混み混みしていたが、面白かった。
    しかし、私にはほんの数ヶ月不倫していた相手に会うために、何度も生まれ変わるというのがあまり理解できない。
    そして、それ以前がなかったというのも納得いかない。
    三角の人格が後半あまり出てこなかったのももったいない。
    人体が生まれ変わったというよりは、精神をのっとったという感じなのか。
    多重人格の逆のような感じ。ひとつの人格が時を重ねず多数の人体に宿る。

  • 月に満ち欠けがあるように、死んでもまた生まれ変わって好きな男性に会いたいと願う女性の、一途な思いから起こった不思議なストーリー。

    一歩間違えれば、陳腐な純愛ものや雑なファンタジーになるところを、複雑な構成と冷めた文章で引き締めているところが、作者ならではのスマートな魅力。
    反面、何度も替わる人物の視点と、前後する時系列に戸惑うのも事実で、感情移入して読むのは難しい。謎の仕組みが見えて相関関係が理解できてからは、一気に盛り上がっていく。

    ただ、軸となる女性(瑠璃)以外の立場から考えるとどうなのだろうと、首を傾げてしまった。
    自分が、あるいは身近な人が誰かの生まれ変わりだったら…。あり得るかどうか以前に、願いが叶った当人はいいとしても、死んだ女性の思念に乗っ取られた人はもちろん、相手の男性や家族も苦悩するだけで幸せになれるとは思えない。もちろん、その点も作中に描かれてはいたけれど。
    冷静になると、女性の自己満足でしかなく怨念ホラーのようにすら思える、なんて興醒めなことを言うのは野暮かしら。読んでいる最中はおもしろかったのだけれど、根幹の部分が受け入れられなかったのが残念。

    さらに、一度きりの人生だからこそ人は輝けるし、命は尊いんじゃないかな。
    私は月のように生まれ変わるより、種子を残して潔く終わりたい。

  • 30年かけて月のように生まれ変わりながら愛する人に会いに行く。ファンタジック純愛小説。
    思いを果たせず死ぬ度に、どこかにいる別の「瑠璃」にその思いをつないでいく。輪廻はいつも女で、男はいつも待っているだけ。うーむ、なるほど。「おっさんのファンタジー」と言われるのも納得。
    自分なら、樹木のように子孫を残す死に方のほうがいいな。月のように何度でも生まれ変わる死に方よりも。

  • ひとは樹木のように死んで種子を残す。でも、あたしは月のように死ぬよ。月の満ち欠けのように、生と死を繰り返す。そして、あなたの前に現れる。。
    そういって、20歳のアキヒコの前からいなくなった年上の人妻瑠璃。
    約束どおり、月がまた満ちるように、生まれ変わり、瑠璃(たち)としてアキヒコを探しはじめる。
    「瑠璃も玻璃も照らせば光る」の言葉をキーワードとして・・・
    これは、哀しいほどの愛の物語だ。
    生まれ変わり、前世を記憶する子供、などサスペンスのようなホラーのような部分もあるのだけど、作品を貫く、瑠璃のアキヒコへの深い愛がラストでじわ~っと来る。
    佐藤さんの作品は初めてで、文体になれるのも少し時間がかかったし、時系列がこんがらがって、とても分かりづらかったけど、それを補って余りあるほど、先を読みたくなるそして、読ませてくれる力がある作品。
    直木賞、とれるといいな・・・

  • 【Entertainment】月の満ち欠け/ 佐藤正午/ 20170810 (60/656) <322/80828>
    ◆きっかけ
    日経書評

    ◆感想
    ・愛は生まれ変わっても続く。少女がオッサンをそこまで愛するとはちょっと非現実的感があるが、そんな愛の深さを感じさせる物語。見方によっては少々恐いが。。。
    ・ちょっと、ルリが、多すぎて整理がつかなすぎた感が・・・


    ◆引用
    ・君にちかふ阿蘇の煙の絶ゆるとも萬葉集の歌ほろぶとも 吉井勇
    ・それまでが小さな波すらかぶったことのないべた凪のじんせいだった。

    ===qte===
    月の満ち欠け 佐藤正午著 複数の人生と過去を物語る
    2017/5/13付日本経済新聞 朝刊
     一部の小説ファンの間で長年熱く支持されていたものの、なかなか賞に恵まれなかった佐藤正午。二年前、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞を受賞し(選考委員の筒井康隆に激賞されたのは有名だろう)、一躍注目の的になった。本書はそんな佐藤の待望の新作だ。
     青森・八戸に住む小山内堅は、ある少女に会うために東京駅に降り立つ。七歳になるその娘の名前は、るり。十五年前、高校卒業の後に事故死した小山内の娘・瑠璃の生まれ変わりだという。るりは瑠璃しか知らない小山内の父親時代の話をするが、彼に心当たりの記憶はなかった。
     だが、話はそれだけでは終わらなかった。るりは、小山内瑠璃の前世の、正木瑠璃の人生にも触れていく。小山内はすでに当時の関係者とも会い、驚きにみちた話を聞いていた。しかし、生まれ変わりなど本当にあるのだろうか。あるとしたら、人はなぜ生まれ変わりを繰り返すのか。
     生まれ変わりというテーマに驚くかもしれないが、生まれ変わり=人生の可能性・変転と捉えるなら、佐藤作品ではお馴染(なじ)みのことだろう。つまり、悲惨な電車事故をもとに、そこに遭遇しなかった別の人生を模索する『Y』、宝くじにあたってしまった女の新たな生の広がりを捉える『身の上話』など、佐藤正午の小説では、人生の分岐点や繰り返される日常の中での転機などを中心にすえて、ありえたかもしれない人生の可能性を巧緻に綴(つづ)る作品が多いからだ。
     それも、いくつもの人生を俯瞰(ふかん)して、語る時間と視点を変えてモザイク状に示し、物語に驚きと昂奮(こうふん)を与える。そしてゆくりなく人生の真実の断面をかいまみせるという方向にいくのだけれど、それは本書も同じである。
     東京駅における二時間の現在に、数十年に及ぶ複数の人生の過去を並行させて、実に巧みに物語っていく。生まれ変わりをスピリチュアルな視点から捉えるのではなく、愛の可能性と不可能性といった佐藤正午的なロマネスクに織り上げていくのが何とも心憎い。
     また、洗練の極みともいうべきストーリーテリング、計算された緻密なプロット、生きることの奥深さをしみじみと味わわせる余韻など、佐藤正午ならではの魅力もある。読んで損はしないだろう。

    (岩波書店・1600円)

     さとう・しょうご 55年長崎県生まれ。作家。『永遠の1/2』『5』『身の上話』『小説家の四季』など著書多数。
    《評》文芸評論家
    池上 冬樹

    ===unqte===

  • 面白かったぁ、一気読み。
    よみがえりものって多々あるけど
    佐藤正午さんが描くと
    さらっとドライで読んでいて気持ちいい。
    なんだか、人生のおかしみや切なさが
    バランスよくて大好きだ。

  • 物語にのめりこんでしまう小説ーー。そういう観点だと、私にとっては、作家くくりだとやっぱりこの方の小説なんだろう。登場人物に作家の想いがみえるのがいい。やさしい、せつない、すこし可笑しい、すこし哀しい。ページの数だけ満たされていく、幸せ。

  • もう一度人生繰り返すなんて考えられない私にとって、想像出来ない世界です。でも、愛というだけでこのような転生を成立させてしまうのは、羨ましくもあります。相手の愛があるからこそ成立する世界ですね。自分一人だけが思っててこうなってしまうと、ちょっと怖いです。こうして別の世界から「あたしよ」といってやってきて感動されるのは、ぐっときますね。ザッツファンタジーです。

  • 関係者が集まって、2時間ほどの間に語られる、過去30年ほどの生まれ代わりのストーリー。どんな展開になるのか、楽しみに読み進めた。関係者4人が集まったラストのシーン、恋人で、親子で、親友で、それでいて現在は別の関係で、象徴的でそしてとても不思議な場面だと思いました。
    飽きずに読み終わりました。

  • 「瑠璃も玻璃も照らせば光る」
    この故事を約束の言葉として、月のように生まれ変わる瑠璃という女性に周囲の男性が振り回される話。
    初代瑠璃さんの恋人に対する強い想いには、情念を感じて少し怖い。
    最後は違う方向で驚かされた。

  • 直木賞を受賞したから、というより
    『文学賞メッタ斬り』のラジオを聴いて読みたくなったから、
    という理由で手にして、読了。

    面白かった!!
    佐藤正午作品は恥ずかしながら
    今まで未読だったのですが、
    この人の文章は大変読みやすいです。
    平易だとかではなく、文の流れが好みというか。

    内容も、
    人に勧めるには実はちょっとインモラルな気もするけど
    それが良い…というもので、
    一気読みしてしまいました。
    大変満足。

  • 年の直木賞受賞作です。初読みの作家でしたが、とても読みやすい文章で夢中で読みました。愛する人を追いかけて生まれ変わり続ける女性の物語。でも恋愛小説ではなく、生まれ変わりの真実を追うミステリーのような展開でした。甘くなく、寧ろ苦い。相手は歳をとり、自分との歳の差は広がるばかり。そして幼くして死んでゆく娘たちの本来の自我と遺族の気持ちを考えると、恋情の為に人生を繰り返す瑠璃の魂の身勝手さを感じてしまいます。全ての人が等しく、たった一度の人生を懸命に生きているというのに。なんか釈然としない読後感。

  • 心温まる話かな。

  • 人を愛する時、それはその人のどの部分を愛しているのだろう。
    姿形か性格か、その人の持つ雰囲気か、
    声とか体臭という場合もあるだろう。
    もちろん、全てという答えも。

    生まれ変わってまでも一緒にいたいと思う程
    愛した人が、
    本当に生まれ変わり、姿形を変えて目の前に現れたとしたら
    過去の記憶だけで、その人を愛おしいと思うことなどできるのだろうか。
    生まれ変わってもまた一緒にいたいと思う心や
    それほど深く誰かを愛せるということは
    とても素敵なことだと思えるのに
    誰かの人生に憑依してまで一人の人を思い続ける主人公の執着心と情念が
    私にはひたすら恐ろしく感じました。
    読み終わってもまだ、
    心がザワザワと落ち着かない時間が続いています。

  • 読んだのは直木賞受賞前だったが、多分この作品が受賞じゃないかなと思った…と今言うのは後出しジャンケンだけど!ね!
    作者の作品は初めてで、文章の良さにしみじみ。
    しかし、生まれ変わっても追いかける恋、と言うとロマンティックなものと思い込んでいたが、死を超えてまでの想いというのは見ようによっては醜悪で暴力的とも言えるのだと気づかされた。
    二人の周囲の戸惑い、傷。
    自業自得と言えるものもあるが、本来の一度だけの生を彼女が送ったなら生まれなかったのには違いない。
    恋というのは恐ろしいものだと思い知らされる、ぞっとする物語だったが、予想外の展開が続くこともあり、面白かった。
    他の作品も是非読みたい。

  • 物語として綺麗だなとは思うけど、こういう愛され方も愛し方もしたくはないなー、と思った。
    僕は月のようではなく樹木のような生だからこそ、生きることや人を好きになることに精一杯向き合えると思うから。

  • 久しぶりの新刊!を喜び、一気に読んでから、また大事に大事に読んでる間に、直木賞受賞となりました。

    言ってしまえば、最初の瑠璃の魅力があまりわからないし、三角くんが普通に受け入れていることも不思議です。
    三角くんと瑠璃たちのお話。不思議なお話であっても読んでしまう言葉と力がいつもあります。今回もあります。

    直木賞受賞になりますと、既刊もたくさん売れると良いですねと思うと同時に良くない事もたくさん書かれるだろうなーとも思います。わたしは佐藤さんの複雑で面倒な小説が大好きですので、今回も読めて嬉しかったです。

  • 自分がいのちを落とすようなことがあったら、
    もういちど生まれ変わる…。
    この娘が、いまは亡き我が子?
    いまは亡き妻?いまは亡き恋人?
    そうでないなら、はたしてこの子は
    何者なのか。さまよえる魂と数奇なる愛の物語。

  • ホラーみたいにうっすら不気味な雰囲気から、最終章にかけての純愛への変化がすごい。三代かけて....

全111件中 1 - 25件を表示

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞に関連する談話室の質問

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞を本棚に「積読」で登録しているひと

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞の作品紹介

内容紹介
新たな代表作の誕生! 20年ぶりの書き下ろし
あたしは、月のように死んで、生まれ変わる──目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。

著者について
佐藤正午(さとう しょうご) 1955年8月25日,長崎県佐世保市生まれ.北海道大学文学部中退.1983年『永遠の1/2』で第7 回すばる文学賞を受賞.2015年『鳩の撃退法』(小学館,2014年)で第6回山田風太郎賞を受賞.そのほかの著作に『ジャンプ』『身の上話』(光文社),『5』(角川書店),『アンダーリポート』(集英社),『小説家の四季』(岩波書店),『小説の読み書き』(岩波新書)など。本作『月の満ち欠け』 第157回直木賞受賞。

ツイートする