日本中世の国家と宗教

  • 11人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 黒田俊雄
  • 岩波書店 (1975年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (559ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000016063

日本中世の国家と宗教の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本中世の研究を牽引した「権門体制論」や「顕密体制論」「中世身分論」をはじめとした氏の代表的論文を所収。なかでも「権門体制論」は大きな反響を巻き起こし、いまなお賛同・反論を問わず議論の対象となる研究史上の大きな柱である。日本史研究史に偉大な足跡を残す理論である。ふと、最近は一般書レベルで反「権門体制論」同盟!との抗争が激化している気が・・・。(笑)
    高校教科書までの世界とはまったく違った日本中世のイメージに目からウロコが落ちた思いをしたものでした。
    個人的には「顕密体制論」に受けた驚きの方が大きかった。(笑)
    日本中世の仕組みをダイナミックに構成し、国家像をしめした一書。

全1件中 1 - 1件を表示

黒田俊雄の作品

日本中世の国家と宗教はこんな本です

日本中世の国家と宗教を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本中世の国家と宗教を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする