帝国とは何か

  • 11人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山内昌之
  • 岩波書店 (1997年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000027120

帝国とは何かの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読後気分⇒(^ム^)
    いろんな点から論じた「帝国論」です。

    個人的には第二部のオスマン帝国の論と神聖ローマ帝国の論が好きだったかもー

    でも、参考になったのは第一部:帝国の意識
    ですかね…。
    帝国ってなんだろう。自らが帝国と自負している国はどんな意識を持つのか。共和国でありながら帝国主義を行うとはどういうことか。日本の天皇と中国の皇帝の意識の違い…などなど。

    時間がないのでさらっと感想を言いますが、様々な生態がありながらも、薄く広くその広大な地域や多くの民族を巻き込んでいる「帝国」がちょっとおぞましいような、懐かしいような気がします。

  • 「帝国」がキーワードなだけで、かなり多様なアンソロジー。。。。
    これも木畑先生の章だけ読んだわけですが、柴田元幸さんとかいますけど。。
    うーん。。。。カフカの不条理小説と湾岸戦争の問題が同列に並んでるって不思議だし、どういう感じで通読すりゃいいのかわからん。

全2件中 1 - 2件を表示

山内昌之の作品

帝国とは何かはこんな本です

ツイートする