世紀末の赤毛連盟―象徴としての髪

  • 16人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 高橋裕子
  • 岩波書店 (1996年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000029957

世紀末の赤毛連盟―象徴としての髪の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラファエル前派と世紀末芸術論。髪の表現を中心とした女性の描かれ方を通じ、主にロセッティの女性像を論ずる。とても読みやすいし、一般向けに親しみやすい語調で楽しく書かれている。

    ラファエル前派を入り口とした絵画における赤毛の表象…みたいなのを期待したのだが、赤毛(というか、髪色)の話は最初の数章で、後はより広い角度からの女性論だった。後期ラファエル前派、特にロセッティがメインだったのも予想外。とはいえロセッティへのミケランジェロの明確な影響や、ボッティチェリの「発見」(19世紀末以前には彼の描く女性は美しいと認識されていなかったらしい)とバーン・ジョーンズへの影響などは、たいへん勉強になった。

  • これも読みやすくて参考になった本。

  • 今更になって小学生のときに読んだ本を思い出して感傷に浸ったりする…そんな事ざらですよね。
    記憶力が無限にあればいいなんて本当に戯言かしら。ドイルのタイトルで一番好きなのはマニアックですが『五粒のオレンジの種』なんです。
    時間を追っていくのは小学生の癖に感動していたり。

全3件中 1 - 3件を表示

高橋裕子の作品

世紀末の赤毛連盟―象徴としての髪はこんな本です

世紀末の赤毛連盟―象徴としての髪を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世紀末の赤毛連盟―象徴としての髪を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする