カフカの迷宮―悪夢の方法 (作家の方法)

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 後藤明生
  • 岩波書店 (1987年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000035057

カフカの迷宮―悪夢の方法 (作家の方法)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カフカの文体の「速度」という着眼点が興味深い。思考に筆が追いつかない。そのズレこそにカフカ独特の速度が出る。
    それから、これはよく言われていることなのかわからないけれど、「変身」がモノローグではなくあくまで三人称であることの意味の指摘が目から鱗だった。たしかに、モノローグにしたなら、単なる「悪夢」の報告にすぎない。悪夢が明晰な三人称で語られるからこその「変身」だ。
    カフカの小説の登場人物には「人格」がなく「関係」だけがあるという指摘もなるほどだ。だから、関係が途絶える時はすなわち死を意味する。そうした視点で「変身」を読んだことがなかったから新鮮だった。

全1件中 1 - 1件を表示

後藤明生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カフカの迷宮―悪夢の方法 (作家の方法)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カフカの迷宮―悪夢の方法 (作家の方法)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カフカの迷宮―悪夢の方法 (作家の方法)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする