偏愛的数学 II 魅惑の図形

  • 41人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 岩波書店 (2011年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000059817

偏愛的数学 II 魅惑の図形の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻と同じく、役に立ちそうもないように見える幾何の不思議が連発される。飽きられてはいけないとばかりに、確率の話に入るが、これは自分自身が確率の分野に疎いもので興味深かった点がある。
    3つの扉の裏に隠れた車とロバの話は、結構怪しいので、実際に別の解析をしてみる必要があると思う。3枚のレコードの話もほんとうに等価かどうかよく考えてみよう。コンピュータで無作為に試行させてみるかな?
    上巻と同様に、品川区図書館で借りて読んだ。

  • 外ナポレオン正三角形から内ナポレオン正三角形の面積を引いたら、元の三角形の面積!モーリーの正三角形との関係もかんがえたい

  • 和図書 410/H52/2
    資料ID 2011102395

全3件中 1 - 3件を表示

アルフレッド・S.ポザマンティエの作品

偏愛的数学 II 魅惑の図形はこんな本です

偏愛的数学 II 魅惑の図形を本棚に「読みたい」で登録しているひと

偏愛的数学 II 魅惑の図形を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偏愛的数学 II 魅惑の図形を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偏愛的数学 II 魅惑の図形の作品紹介

タネも仕掛けもない。ただ単に直線と円が織りなす図形たちの奇跡の事実を集めた本。とても信じられないが、事実はいたって簡単。しかし、なぜそうなのか。次々と繰り出される図形たちのとびきり上等な性質の証明を、あなたもじっくり考えてみませんか。

ツイートする