理科読をはじめよう――子どものふしぎ心を育てる12のカギ

  • 61人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 滝川 洋二 
  • 岩波書店 (2010年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000061490

理科読をはじめよう――子どものふしぎ心を育てる12のカギの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010年刊行。科学書、絵本読みを勧める識者によるエッセイ。推薦図書も掲載。本書の中でどなたかが「科学者が日本語の科学雑誌を買わない、ゆえに、科学ライターがそれだけで食うことができず、よいライターが育たない悪循環がある」という痛い指摘をする。もっとも、英文雑誌は買ってるかもしれないが…。

  • いろんな人が科学の本を読んだ方が良いと書かれてますが、違いがいまひとつ分かりません。
    とはいえ、理科読やるべきとは認識してますので、積極的に選んで行きます。
    家での実験よさそうね。本買ってやってみよう!

  • 複数著者による理科読に関するエッセイもしくは紹介本。

    参考になったのは、P49坂口美佳子さんによる「科学あそびでむすぶ科学の本と実体験」、P65山岸悦子さんによる「中学・高校生にこそ科学読み物を」の章。

    この本に触発されたこと。

    1)読んでみたい本、何冊か。
    ・みんなうんち 五味太郎
    ・たんぽぽ 平山和子
    ・ロウソクの科学 ファラデー
    ・オックスフォードサイエンスガイド

    2)理科読活動。
    英文書籍を翻訳してみる、など

  •  「理科読」という言葉を初めて聞いた。学校での朝の読書の時間を「朝読」というが、理科読は、科学的な読み物にふれるということである。科学の本は、読み物として認知されていないのかもしれないが、科学的な思考として、「なぜ?」という疑問を持つことは大人、子ども問わず必要である。子ども用の科学の絵本などは、大人の科学の入門書としても使える。3.11の原発事故以後、科学に対する不信感が高まったが、科学がないと困難を乗り越えることができないことも事実である。今後、長期にわたって、少子高齢化が続く日本では、新しい課題に挑戦していくのに、誰もが高い科学リテラシーを持つ社会にすることが求められる。テレビなどの受動的な情報を受け取るだけでなく、能動的に理解していく「本を読む文化」は個人の能力を高める。高い科学リテラシーを身につけるには、子どもだけでなく、大人も科学の本を読む文化を育てることが不可欠である。本書は、理科読に関しての実践や報告が記されているが、おすすめのほんの紹介があったりしてうれしい。子どもとともに大人も学んでいくべきである。

  •  読書は「文系」の営みなのか。もちろん、そんなはずはなく、読書に「文系」「理系」の区別はない。でも、では読書活動に「理系」的要素を感じるかといえば、それをひしひしと感じている人は少数派ではないかしらとも思う。要するに、読書に「文系」「理系」はないと頭では理解していても、実際の読書活動の実態を見ると、どう考えてもそれは「文系」の営みとしか捉えられないことが多くあるという話。実際、例えば「国語教師=本をよく読んでいる」というイメージがあったりして、むしろ国語教師ならどんな本も読んでいるんでしょ?的な見方もあるんじゃないかって思う。これはそもそも、よく言う「読書」の意味する幅が小さいことによる弊害とも受け取れるけど、結局「読書=文系」を体現した例と言えるでしょう。あー、もっともこういった議論は、そもそも「文系」「理系」なんて区別はナンセンスだ!なんていうのは抜きにして、ね。

     本書には、主に「理系」畑の方々による様々な角度からの「理科読」のススメが掲載されている。目次を見ていただければ、わかるけれど、多くは「子どもに科学読み物を読ませるには」という視点で書かれているが、その中で大人が科学読み物に興味を持たないから子どもに伝わらないことも明らかになる。「はー、なるほどなー」となることも盛りだくさんで、「読書」とは何だろうということを考える上でも使える一冊。


    【目次】
    はじめに
    第1部 子どものふしぎ心に寄り添って
     1 はじめてであう科学の本  森達夫
     2 自然の広がりを伝える―科学者として考えること  海部宣男
     3 一冊の本から科学の世界を広げていこう―「よもあそ」から  吉田のりまき
     4 科学あそびでむすぶ科学の本と実体験  坂口美佳子
    第2部 科学の本を読む文化を
     5 中学・高校生にこそ科学読み物を―理科の授業に取り入れる  山岸悦子
     6 物語絵本や児童文学を楽しむように  辛島泉
     7 科学する心―社会的基盤としての読書  川本裕子
     8 本好きな子どもを育てよう―もっと科学の本を  滝川洋二
    第3部 学校や地域で科学読み物を活かす
     9 子どもと本をつなぐ場所―学校図書館  土井美香子
     10 小学生と科学の読み物  小澤恭子
     11 文庫活動と科学絵本  福田晴代
     12 子どもの科学の本を集団で評価し書評をつくる―教師と編集者たちの試み 田中久雄
    おわりに

  •  紹介されていた本で、見てみたいと思った本・・・切っても切ってもプラナリア/ぼくからみると/算法少女/世界を動かした塩の話/ライト兄弟はなぜ飛べたのか/きゃべつばたけのいちにち/ロウソクの科学/天才!?科学者シリーズ/おそらにはてはあるの?

  • 子どもの「なぜ」を大切にし、探究心を育み世界を広げる手伝いをすること→理科読
    具体的な活動例やオススメの本も多数紹介あり。

  • 子どもって理科好きだもんねぇ。自分からは読むけど、親が幼い子に読みきかせするときにはなかなか選ばないよね。自省しながら読んだ。あれから理科絵本や理科読み物を手に取ってみたら、やっぱり面白い。そして、この本自体もとっても読みやすいので興味のある方にはお薦め。

  • 科学はもともとは「ふしぎ」から生まれた学問で、子どもたちにとっては興味津々の分野です。
    理科嫌いな子が多いのは、「ふしぎ」にめぐりあう機会が少ないからなのかもしれません。
    これからの日本を背負って立つ彼らに、グローバル化社会で取り残されないように、深く考える力をつけてもらいたい。

    面白い科学の本に出会うことが、理科好きになる一つのきっかけになると思います。
    物語だけではなく、科学の読み物もたくさん紹介していきたいと思いました。

  • あらたにカテゴリを追加しました。
    司書・司書教諭の勉強用の本も入れておきたいと思いますが…どでしょ?別ツールの方がいいかなぁ。
    というとで、「朝読」のように広まるといいなぁ「理科読」。
    この中にもありましたが、朝読で科学の本を読んでいると駄目出しされることがあるそうですね。うちでも時々「読書=物語の本しかだめ」みたいな指導方針の先生がおられて、んんんーーーという時があります。
    なので、流行とは別に積極的に科学系の本を入れているわけです。そういうのがきっと、学校司書の選書だよね。
    で、その参考に、と理科っぽい話もしたいのに、なかなか理科の先生とはそういう話にならず、「はいはい、本のことは図書の先生の仕事、こっちとは関係なし」みたいなバッサリ感が残念なこともあるので、
    理科得意な先生に読んで欲しいなぁ、きっとこの本に出てるようなことはかなりご存じだと思うんだけど。(i44)

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
冲方 丁
ジョン・クラッセ...
朝井 リョウ
柏葉 幸子
貴志 祐介
エラ・フランシス...
マーク・ピーター...
三浦 しをん
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印

理科読をはじめよう――子どものふしぎ心を育てる12のカギはこんな本です

理科読をはじめよう――子どものふしぎ心を育てる12のカギを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

理科読をはじめよう――子どものふしぎ心を育てる12のカギを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

理科読をはじめよう――子どものふしぎ心を育てる12のカギを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする