乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)

  • 15人登録
  • 1レビュー
著者 : 小柴健史
  • 岩波書店 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000069755

乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 417.6/Ko 84

全1件中 1 - 1件を表示

小柴健史の作品

乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)はこんな本です

乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)を本棚に「積読」で登録しているひと

乱数生成と計算量理論 (確率と情報の科学)の作品紹介

何の規則性も持たない数列である「乱数」は計算量理論・情報理論・統計学の境界領域にあり、諸分野がうまく融合して基礎理論が構成されている。コンピュータでアルゴリズム的に乱数を生成する機構の背景に、どんな数理があるのか。「真の乱数」から「擬似乱数」を生成する方法と、逆に擬似乱数から真の乱数を抽出する理論を解説する。

ツイートする