中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)

  • 11人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 西野 嘉章 
  • 岩波書店 (1989年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000084420

中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケンブリッジ西洋美術の流れ 1に続いて、本書を読んだ。
    巻によって、著者も訳者も違ったせいで、1のときとは印象がちょっと違った。
    1に比べて、読みにくかった。図に番号が振られてなかったり、こなれた日本語になってなかったり。専門用語が解説なしに登場したり、理解に苦しむ回数も多かった(そして、読み飛ばした箇所も)。

    基本的には、面白く、最後まで飽きずに読むことができた。次は3のルネッサンスの美術を読みたい。

全1件中 1 - 1件を表示

中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)はこんな本です

中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中世の美術 (ケンブリッジ西洋美術の流れ 2)の作品紹介

中世西ヨーロッパの学問や美術の中心は修道院であった。そこに残された数多くの美しいものは、人々の暮らしぶりを知るよすがでもある。また、教会建築を見れば、この時代の主に様式、ロマネスクとゴシックが良く分かる。本書では、中世建築の類型、様式、工法と図像の素材、技法の基礎知識を提供し、中世図像学の主題研究についても糸口を与える。

ツイートする