これからどうする――未来のつくり方

  • 223人登録
  • 3.26評価
    • (3)
    • (7)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
  • 17レビュー
制作 : 岩波書店編集部 
  • 岩波書店 (2013年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (672ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000098908

これからどうする――未来のつくり方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • じっくり読みたい

  • 文春の「日本の論点」に対抗して作られたと思われる岩波の正義論。岩波らしく意見に偏りがあって面白い。これから毎年出版するんだろうか?単なる主義主張だけではなく、ところどころに客観的なデータもあって面白い。印象的なのは一人当たりGDPに比例して、自殺率も高くなるという所。あとは報道の自由が世界で50位ぐらいとか。ネットで情報収集するよりは網羅性もあって効率的なのかも。
    これからどうするか?は各個人の人生というレベルにおいては各々が勝手に決めればよい事だと思うのだが、国家運営はそうはいかない。これからどうなるか?を予測してこれからどうするか?を決めなければいけない。確実にハッキリしている事は何人かの著者も言っているように、世界の人口は増える。日本の人口は減る。で、高齢者が増えるという事である。で、何をすべきなのか?常識的に考えればわかりそうな事であるが、現在の国策はこの確実な将来予測に全く合理的ではない対応をしている。で、国民もある程度をそれを支持している。それが不思議でならない。が、結局は各々自分さえよければいいんだから、とりあえずは票田の老人達がどうにか逃げ切る政策が続くのだろうと思う。

  • 朝の通勤時にコツコツ読み進め、2ヶ月でようやく読破。

    多様な人選・テーマで一人あたりおよそ2.5ページ。
    オムニバス的な感覚で1本をスラっと読めてしまうところがいい。

    特に印象的なテーマとしては利益重視の新自由主義がいよいよほころび始めてきている、あたりか。

    日本にも世界にもすでに見えている問題がこれだけあって、どうやらそう遠くないうちに変革を迎えるらしい。

    ギリギリ20代の自分にはまだ昨日と今日でガラッと白黒入れ替わるようなインパクトを経験したことがない。

    生まれた頃にはバブルで物心つく頃には末期・崩壊とはいえ、資本主義までが崩壊するなんて想像もできていなかった。

    しかしながらこの本を読み進めていく内に、今目の前にある多くのことが一時的なものであり、ましてや国家なんてものも歴史的な観点からすれば最近のものでしかない、ということをつきつけられた。

    これからどうする?という問いかけが、今を生きる一人の人間として自分にも切実なものとして感じられた。

  • 筆者によって、深さが違う。

  • 高名な学者様の文章は、人に理解されないことをもって良しとするのか。苦行難行の読書だ。修行と考え最後まで読んだものの理解不能だ。

  • 「これから私たちはどうすべきか」を10の分野で、228人の識者が縦横に論じるもの。いやいや、モノゴトにはいろいろな切り口、分野、考え方があるものだ。

  • 私たちは今、閉塞感を深め、向かうべき方角を見失っている。各分野で活躍する228人が、いじめ、働き方、人工生命、憲法改正、日中関係、アベノミクスなど、さまざまなテーマをあげて、「これからどうする」を提案する。

    読み切れない。図書館貸し出しの本が多いので後日また借ります。

  • 様々な識者・著名人が色々なテーマについて「これからどうする」かを論じたエッセイ集。

    今読まなきゃ意味がないのだろうなぁ。色々をしっかり考え直すきっかけが散りばめられている。

  • TSUTAYAではまだ売っているが、わたくしの読書会では参加いただけた方の職場会議室をお借りして、興味のあったご論稿をわたくしが紹介し、続いて、お読みいただいた方の感想も聞いて、90分を有意義に過ごしたことを思い出します。気になる論稿の意見交換でも十分楽しめる。ただし、論客の著書にあたる必要がある。

全17件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
ジャレド・ダイア...
村上 春樹
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
ヴィクトール・E...
朝井 リョウ
池井戸 潤
三浦 しをん
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

これからどうする――未来のつくり方を本棚に登録しているひと

これからどうする――未来のつくり方の作品紹介

いじめ、ソーシャルメディア、働き方、人工生命、憲法改正、日中関係、アベノミクス…各界の228名が何をすべきか真剣に提案!

これからどうする――未来のつくり方のKindle版

ツイートする