海うそ

  • 1040人登録
  • 3.92評価
    • (107)
    • (121)
    • (85)
    • (19)
    • (4)
  • 145レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 岩波書店 (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000222273

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
三浦 しをん
梨木 香歩
三浦 しをん
梨木 香歩
梨木 香歩
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

海うその感想・レビュー・書評

  • あらすじも知らずに読み始めたので面白かった。
    主人公について、どうして島に来たのかなど、少しずつ語られていきます。
    まるで主人公と一緒に旅をしているような、不思議な気持ちになります。

  • 興味のない人文地理学の話で全然読み進めることができない…。
    でもこの評価。駆け足で読んでみようか。

  • 南国の島の、蜃気楼のような小説。
    世の中には不確かなものがたしかにあって、それはとても豊かなことだと思える。

    自然の描写がいい。
    南の島の蒸し暑さ、匂いたつような緑が感じられる。

  • 話の舞台は戦前の南九州にある離島、主人公は人文地理学のフィールドワークで、この不思議な因縁のある島をぐるっと歩いて回る。
    動植物の描写、多様な植生、廃仏毀釈で失われた宗教遺構、建築の地域特性や言い伝えなどが語られる。専門的であり、かつ詩的で情緒的である。合間に彼の抱える喪失感なども明かされていく。
    植物の固有名詞がわんさか出てくるので、多少は調べながら読んだ方がイメージはしやすいと思う。結局読み終えてから主なものを調べたら全然イメージと違ったりしたので、本当は読みながら調べた方がよい。

    そうやってフィールドワークをしながら島を回り終えた頃には、読者も一緒に旅を終えたような爽快な気分に満たされている。

    一転、最終章で50年後が描かれる。

    奇しくもこの章を読む前、私は思い出深い小学校の通学路が区画整理で変貌した様を目の当たりにして、かなりのショックを受けていた。雑草で遊んだ空き地や畑などのたくさんの小さな空間は、みっしり立ち並んだ新築物件に取って代わられていた。道路はまっすぐ広く綺麗になった。一つ一つは些細な思い出でも、忘れてしまって何の問題もないものでも、6年間毎日遊んだそこには、積み重なった膨大な思い出が固まって押し込められていた。もはやその当時の自分そのもの、という性質の思い出だった。それが煙のように消えて塗り替えられてしまったわけだ。涙こそ出ないけれど、泣きたいような喪失感を覚えた。

    話を戻すと、そういった個人的事情もあって、ここで描かれた島の変わり様には、ほとんど物理的なまでの痛みを感じた。
    しかし梨木香歩はその痛みにもある程度の折り合いをつけてくれている。その境地についていけては、いないのだろうけど、疑似体験はさせてもらったと思う。

  • 粛々とひそやかに降り積む喪失を如何に受容するか、ということについては、何十年生きようと容易に答えの出せるものではない。まして、正解などというものは。

  • 梨木果歩のものは読むのに係る時間だけのことがある。

  • 人文学者のフィールドワークをそのまま小説にしたような一冊。とくにすごく面白い!ということもないけど、なんだか静かに呑み込まれてしまう、さすが梨木ワールド。

    フィールドワークを共にしたような感覚を覚え、最終章では同じように喪失感を感じる。知らず知らずに主人公に寄り添ってしまっていた。

  • 南九州の小さな島を舞台に、学者の秋野によるフィールドワークが物語の大部分を占める。平家の落人伝説、朽ち果てた寺院。そして50年後、再び訪れた島では大きな変化があり…昔々から繰り返される島の移り変わりを、梨木さんの繊細で深みのある文章が存分に語ってくれたように思いました。

  • 梨木さん 始めて読みました。とても美しい文章であり、時には植物学や地質学の本?とも思わせられ 少し興味を失いかけたけど だんだん良さかわかってきて面白く読み終えました。
    人の営みと時代の流れを後々そこに住む人たちが
    過去とどの様に繋がっているのか?とてもいい作品だと思った。

  • この人は、順調に老成=成熟していってるなあ。年齢相応の小説が書けてて、よい。

  • 2016.01.10 読了

    南九州の遅島のはなし。
    戦前に人文地理学者の秋野がその島に行った体験。
    その後50年後に再訪したときのこと。

    梨木香歩さんらしい
    植物や昆虫の繊細な表現がとてもよい。

  • 静謐な文章。
    喪失感と向き合う。

  • 全ては、ラストシーンのためのものだったように思えます。

  • 私の評価基準
    ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版
    ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも
    ☆☆☆ おもしろい 気が向いたらどうぞ
    ☆☆ 普通 時間があれば
    ☆ つまらない もしくは趣味が合わない

    2015.10.7 読了

    面白いですが、何より私はこの小説が好きです。
    もっと言えば、この作者の作品が好きです。
    とはいえ、この作者の児童書はほぼ読んでいないのですが、読んだ数冊の小説については皆好きです。

    これでどういうところが好きかを記述しないと何にもならないですが、多分、個人的な趣味が合うというだけのことになってしまいそうです。

    自然の中に入って、周囲の様子や生き物を観察している、先ずここが好きです。それだけだと小説にも物語にもならないので、そこに想いや感情を乗せてくるわけですが、これが多くなってしまうと私はイヤになってしまうのですが、この作品もしくはこの作者は、それが薄いのがとても良い感じなんです。そこで多くの方は人物や物語の描写が足りないと感じることもあるかとは思いますが、私にはそれでもいくらか多いぐらいなんです。

    自然や生き物の描写をぼうっと楽しんでいるうちに、作品の世界に入っていって、相変わらずぼうっとしているとそのうち何となく登場人物の想いのようなものがボンヤリ浮かんでくる。でも、最後まで何だかモヤッとしたままという不完全燃焼な読後感でもあるのですが、それはそれでまた良い。

  • 主人公の後ろにふよふよついていって島を散策しているような気分になれる。
    街を散策したりするのが好きな人にはおすすめ。
    登場する人物や出来事は濃すぎずにただ日常を過ごしている。
    本当にふらっと寄った(主人公は確固たる目的があるけど)島をフィールドワークしてる。

    島が開発される悲しい結末とも思える最後でしたが、時間が経ち、環境が変化することによって新たな視点での発見があった。
    そして、肩の荷もようやく降りた。
    物事は変化していくもの、それでも無くしていくものに寂しさを感じる。
    そして改めて出会うものに期待がある。
    そんなことを思わせる

  • 深い森に抱かれるような気分になります。
    しっとりとした木々や露に濡れた葉から
    発せられる匂いに、息はゆっくりと深くなる。
    日本人の心の襞には、湿り気は必須。
    都会は砂漠だな、と呟きました。

  • 【読了メモ】 (150915 19:10) 梨木香歩 『海うそ』/岩波書店/2014 Apr 9th/あらゆる字を充てたくなるウンキと、ハト(波音)と、蚊遣りの香と、モノミミと、梅酢で握ったおにぎりと、145ページからの怒涛の展開。

  • 自分のどこかにある自然に対する畏敬を呼び覚ます物語。

  • 物語後半の島が開発された様は色即是空として割り切れないものがある。廃仏毀釈と戦後の開発と二回に渡る破壊も色即是空として受け入れるしかないのか。

    ところで良信の防塁は平家による備えだったということでいいのかな。

  • こういう舞台設定が好き。なんで読もうと思ったのかが分からないのが惜しい。

    架空の島、昭和0年代でまだ徒歩で島をめぐるしかなく「生者のすることではない」ような機械のない山路を遍歴する。自然は怖れ跪く対象で、土着というか独特の文化の残り香がある、その中をゆく主人公には宗教的な感覚と思考が生まれる。

    筆者が表現したかったであろう昔の人の感覚や、人生における寂寥感、生きることの不可思議さ、そういったものが素直に共感できる。

    ただやや表現が直接的すぎるとこもあったり(主人公ひいては筆者が自分と同じように感じるのだと確かめられていいが)、あまりストーリー上大したことだと思えないこともあったり(平家落人の里の証拠とか。ただこれは伏線回収がこじんまりとしてしまっただけかも)というのもある。

    それでも遠野物語のような現実とは違う幻想世界と現実性のバランスがうまくとられた世界にひきこまれる。
    余白(恩師や許嫁のように、薄くつながっている主人公の外延)も好み。獺越(という地名がなぜあるか)が謎として残されているが、単に島の住人だった善照と本土の恩師を結びつける(かつ、海うそと関わる)設定かもしれないが、善照と尾浦集落にいたであろう女人との逢瀬の道とかはどうか。

  • 梨木ワールドにどっぷり浸る。昭和初頭の南九州の離島・遅島の幽玄な自然と大らかな人々との戯れ、民俗学的視点も絡まりページを捲る手が止まらない。じっくり味わいたくもアッという間に読み終えてしまう。遅島は廃仏毀釈による喪失の歴史を抱えており、その残滓の息遣いが静かに行き渡る。同じく喪失に塗れた若き主人公の無常感とが共鳴する。50年後の遅島の開発による変貌は受け入れ難いが、無闇に現実を拒否していては変わらぬ本物の何かも見落としてしまう。しかし共存はあり得るのか。相克する思いに戸惑いながらも素晴らしい読み応えだった。

  • 紀行かと思う文章が続くので途中でやめようかと思った。終盤でがらりと変わるのでやめないでよかった…。

  • 読んでいて、ガルシア・マルケス「百年の孤独」を思い出した。時が流れるにつれて、人も物も形を失い、人々の記憶から忘れ去られていく。そんななかでも昔のままの海うそ。その対比が、喪失を強く印象付ける。時の前では何もかもむなしい。でも、そうでないものは確かに存在する。五十年の後、秋野が遅島を再び訪れる場面は圧巻。長い長い、うそ越えをしている。

  • まるで主人公が書いたエッセイを読んでいるかのような感覚でした。
    戦争をまたいで50年という月日は色々と無情であり、かすかに面影を留めつつも何もかもが変わってゆくわけですが、では変わらないままでいればよかったのかと言えばそうでもなく、変わらないままであればおそらく朽ち果てていただろうと思われるわけで。
    とりとめもなく終わり。

全145件中 1 - 25件を表示

海うそに関連するまとめ

海うそを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海うそを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする