「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

  • 20人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 後藤乾一
  • 岩波書店 (2010年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000224031

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010.03.28 日本経済新聞に紹介されました。

全2件中 1 - 2件を表示

後藤乾一の作品

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯はこんな本です

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯を本棚に登録しているひと

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯を本棚に「積読」で登録しているひと

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯の作品紹介

一九六七年から七二年にかけ、佐藤首相の特命を帯びてロストウ、キッシンジャー補佐官と沖縄返還に関わる「核密約」交渉に当った若き国際政治学者・若泉敬(一九三〇‐一九九六)。彼は九四年に著書『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』を公刊し、国家機密の守秘義務を犯すことを承知で、有事核再持ち込みについての「秘密合意議事録」作成の全容を告白する。晩年は核持ち込みという"代償"を強いた沖縄への自責の念から、末期ガンの病躯をおして沖縄への慰霊の旅を重ね、仏門に帰依し、蔵書を焼き、家族と義絶する。若泉はなぜ密命を受任し、凄絶な生涯をたどらなければならなかったのか。現代史家が活写する、ある「国際的日本人」の同時代史。

ツイートする