義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉

  • 11人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Christine M. Korsgaard  寺田 俊郎  後藤 正英  三谷 尚澄  竹山 重光 
  • 岩波書店 (2005年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000225397
全1件中 1 - 1件を表示

義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉を本棚に登録しているひと

義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉はこんな本です

義務とアイデンティティの倫理学―規範性の源泉の作品紹介

人はなぜ、正しいことをしなくてはならないと思うのか-この根源的な問いに、当代一級の倫理学者が正面からとりくむ。コースガードは近代の道徳哲学の議論を手際よくまとめた上で、現代のアイデンティティ論をふまえた「実践的アイデンティティ」という新しい概念を提案する。コーエン、ゴイス、ネーゲル、ウィリアムズといった英米の著名な倫理学者たちによるコメントと、それへの応答によって議論はさらに深化していく。読者は、スリリングな展開を追うなかで倫理学の基本問題を学ぶことができるだろう。

ツイートする