債権総論 新版

  • 50人登録
  • 4.55評価
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中田裕康
  • 岩波書店 (2011年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000230407

債権総論 新版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 難しい内容を基本から解きほぐしてくれる本です。読みやすい文章で書かれていて、さらに、コラムまで読むと、そもそも論から理解することができます。

  • 324.4||N43

  • 債権総論の到達点とも言われる本だけあって内容は非常に濃い。
    濃い故に読むのにも他の基本書と比べ倍は時間がかかった。

    私の勉学の浅さ故かもしれないが、『こんな見方もあったのか?』『こんな解釈もあるのか?』『こんなところに問題点が!?』など、読んでて民法の深さを思い知らされました。

    これも個人的な感想ですが、一読し終わったところで、半分さえ理解したとは到底思えず、二読、三読の必要性を感じてます。

    書き方に関しては1や2などの記号が多く、最初のうちは何回も記号をチェックしながら読むのが煩雑でならなかったけど、中盤あたりから慣れてきて、また記号自体の利用が少なくなり読みやすくなりました。

    最後に繰り返しになりますが一つだけ。

    読むのは苦労するが、リターンは大きい一冊だと思います。

  • 一通り読みました。
    情報量が多く、わかりやすいのでお勧めです。

全5件中 1 - 5件を表示

中田裕康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
芦部 信喜
大島 義則
江頭憲治郎
有効な右矢印 無効な右矢印

債権総論 新版はこんな本です

債権総論 新版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

債権総論 新版の作品紹介

基礎的知識から先端的な問題までを幅広くカバー、債権総論の現在の水準を示して好評を博した本格的体系書を3年半ぶりに改訂。制定法や判例の新たな動き、研究動向、民法改正作業などを視野に入れながら、コラムや解説を追加したほか、本文の叙述を全面的に見直し、さらに内容を充実させた。

ツイートする