3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 岩波書店 (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000230483

3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00520086

全2件中 1 - 2件を表示

栗原彬の作品

3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察はこんな本です

3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察を本棚に「積読」で登録しているひと

3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察の作品紹介

震災・大津波と原発事故の同時発生、その後の危機と混乱は、この社会がはらむ矛盾を一挙に明るみに出した。そこからは、科学・技術、経済、地域間関係、政治、消費生活といったあらゆる分野に及ぶ深刻な問題群が露呈したのである。この破局的な出来事のなかで、ひとびとは何を経験したのか。そして私たちは、この「3・11」という出来事から何を問われているのか。本書は、近代や戦後など歴史的な視座と国内外を貫く問題意識に根ざしながら、この問いを深く掘り下げ、今後の思考や行動への糸口を探る試みである。

ツイートする