人種の表象と社会的リアリティ

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 竹沢 泰子 
  • 岩波書店 (2009年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000234641

人種の表象と社会的リアリティの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (「BOOK」データベースより)
    「人種」が生物学的実体をもたず、社会的構築物にすぎないことが了解されて久しい。にもかかわらず、人種がいまだに強固な社会的リアリティをもつのはなぜだろうか。本書は、スポーツから、ヒトゲノム、絵画、社会運動にいたるまで、さまざまな領域にみられる表象に着目し、人種のリアリティを生み出すその主体的役割に光を当てる。分野横断的かつ地域横断的研究が生み出した、人種研究に新たな一頁を加える刺激的な一冊。

  • 科研の研究テーマを読んで面白そうだったので買ってみたのだが、斜め読みのまま…Orz

全2件中 1 - 2件を表示

人種の表象と社会的リアリティはこんな本です

人種の表象と社会的リアリティを本棚に登録しているひと

人種の表象と社会的リアリティを本棚に「読みたい」で登録しているひと

人種の表象と社会的リアリティを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人種の表象と社会的リアリティを本棚に「積読」で登録しているひと

人種の表象と社会的リアリティの作品紹介

「人種」が生物学的実体をもたず、社会的構築物にすぎないことが了解されて久しい。にもかかわらず、人種がいまだに強固な社会的リアリティをもつのはなぜだろうか。本書は、スポーツから、ヒトゲノム、絵画、社会運動にいたるまで、さまざまな領域にみられる表象に着目し、人種のリアリティを生み出すその主体的役割に光を当てる。分野横断的かつ地域横断的研究が生み出した、人種研究に新たな一頁を加える刺激的な一冊。

ツイートする