ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念

  • 131人登録
  • 3.27評価
    • (5)
    • (2)
    • (16)
    • (1)
    • (2)
  • 5レビュー
制作 : ジャック=アラン ミレール  Jacques Lacan  Jacques‐Alain Miller  小出 浩之  鈴木 国文  新宮 一成  小川 豊昭 
  • 岩波書店 (2000年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236218

ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書の文章は、薬も毒も、さらに言わせてみれば患者さえない無菌室のように、きわめて閑散としている。

  • 読了と言うか軽く目を通した程度だが、当然の如く全く理解することができず。一応、本書を含むセミネールはラカンの講義をテクスト化したものであり、中でも本書はラカンの主著と言われている。内容としてはフロイトが創出した概念の再定義/ラカンの創出した概念の解説、といった所になるのだろうか。語り口自体は平易ではあるのだが、ラカンの最終的に言おうとしている事がとにかく掴めない。質疑応答を見る限り聴講生も理解できている訳ではなさそうなのでその点は安心である。「大事なこと、それは、私が解っていることです」と言われてもなぁ…

  • とにかく難解。
    日本語としても、何を言っているのかよく分からないところが続出。
    頭に余力があり、かつ時間のあるときに読まないと全く付いていけない。

  •  ラカンのセミネールで最も有名な第11巻。
     はっきり言って、さっぱりわからなかった(笑)。
     2008.12.4-8.

全5件中 1 - 5件を表示

ジャック・ラカンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ミシェル・フーコ...
ジークムント フ...
ヴィクトール・E...
ウィトゲンシュタ...
スラヴォイ・ジジ...
クロード・レヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念はこんな本です

ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念を本棚に「積読」で登録しているひと

ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念の作品紹介

無意識・反復・転移・欲動の4つの基本概念から精神分析の本質へいたるラカンの探究の軌跡。

ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念のペーパーバック

ツイートする