ルポ“正社員”の若者たち―就職氷河期世代を追う

  • 71人登録
  • 3.55評価
    • (5)
    • (9)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 小林美希
  • 岩波書店 (2008年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236775

ルポ“正社員”の若者たち―就職氷河期世代を追うの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 就職氷河期の頃の様々なタイプの学生と新社会人の就職後10年をルポ。社会の果たす役割の大きさと理不尽さを感じる。個々の人間はなんと頼りなく小さいものか

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 366.21//Ko12

  • いろいろと考えさせられる1冊でした。

  • <閲覧スタッフより>
    就職氷河期を乗り越えて就職した若者たち。しかしその先に続いていた未来は必ずしも明るいものではなかった・・・。「名ばかり正社員」に強いられる過酷労働や低賃金の実態。ワーク・ライフ・バランスを求める悲壮な声を追ったルポルタージュです。
    --------------------------------------
    所在番号:366.21||コミ
    資料番号:10192583
    --------------------------------------

  • 就職氷河期に正社員になったという「恵まれた」はずの人たちの残酷な労働実態。派遣会社の正社員、激安大手家電量販店、就職支援会社、アパレル、広告制作会社、そしてソフトハウスのSE、大手銀行、証券会社とこれだけの業界・職種の過激な長時間労働の現実を見せられると暗い気持ちになってしまいました。現実に、私の大学でも学生たちが就職していく先は恐らくこの通りだろうと思うからです。本当に豊かな時代になったといえるのか、勝ち組ともいうべき、正社員になった人たちがこれであれば、フリーター、ニートの人たちはどうなるのか、日本の将来が非常に不安です。

  • 生活が苦しい。残業代が出ない。そんな悲鳴が聞こえる本書。
    本当に笑えない、生々しい若者たちの実態について書かれた本。

    ひどい環境の一例として、
    SEやコンビニ店長、介護業界、タクシー運転手、看護師、歯医者さん等が挙げられている。

    SEでも、人月を切り売りする方の派遣型についての話で、とても過酷な環境であると書かれている。キツイ、帰れない、給料が安いの3K業界という。


    そんなこと無いと思うのだが、コーダーとテスター業務はそんな扱いかもしれない。
    何十時間も、百時間超えの月残業時間を取るぐらいなら、もっとマシな業界や会社に転職したほうがいい。まともな会社や職種はたくさんある。でも若者は情報量が少なく、また転職活動に踏み切る余力がないというような形でドツボにはまってしまうという。

    健康は資本。健康をそこなっちゃ、だめだよなぁ。

  • 陰鬱となる…のはまだ自分がラッキーだったから、なのかな…。いや実際、同じ世代として自分はラッキーだったと思う。たまたまこういう状況でなかった、という。
    いまここにある、こういう状況に対して、自分は一体どうしたらいいんだろう。なにができるんだろう。なんとかできるんだろう。ね。。

  • 「正社員になりたい」
    の著書の次の作品。

    前作はよく知らない出版社だったのが、
    これは岩波からの出版。

    それだけ、実力が認められたってことだろう。

    こちらは、就職氷河期に運よく正社員になれたのはいいものの、
    仕事中心の過酷な生活をを強いられている若者たちを追ったルポ。

    かつて私は、
    自分「働きすぎ」だったと思ってたけど、
    これを読んで、私なんて
    まだまだ序の口だったんだ!と実感。

    やっぱりなんか、
    今の社会構造って何か変だと
    またまた思った。

  • No.26
    p.158 【「14歳の挑戦」〜「社会に学ぶ『14歳の挑戦』」と題して中学2年生(13・14歳)を対象に富山県内で行われている職場体験学習】
    http://www.pref.toyama.jp/cms_cat/105040/kj00001004.html
    http://ja.wikipedia.org/wiki/14%E6%AD%B3%E3%81%AE%E6%8C%91%E6%88%A6

    ★「困ったときに困ったと言える、『自分はこれは出来ないから助けてくれ』と言える事が大事。
      変なプライドから沈み込み、問題を一人で抱え、人と連携できずにいると、周囲にも迷惑をかけることになって、やがて社会に適応
      できなくなる事もある。
      困ったときにどうすればいいのかを『14歳〜』では学ぶ事ができ、総合力がつくことで『生きる力』が養われる。
     ・大人は仕事を通して生きる事を考える存在だという事が分かってくる。」(中坪正美 教頭:談)

    p.195 【「HIKS」(Half Income with Kids)】〜妻や夫が失職して収入が半減した子持ちの夫婦。
       (かつての 夫:「年功序列による昇給」+妻:「専業主婦で子育て」というスタイルが崩れ、「共働き」ではない
        「片働き」(HIKS)では家計が成り立たない)

    p.205 【「平成の大合併」などの自治体合併により自治体の面積が増大して自治体職員の「長距離通勤」(片道2時間など)が発生、
         免許と自家用車を持たないと退職に繋がるケースも】

  • 【No.30】名ばかり”正社員”の実態を書いたルポルタージュ。読んでいて苦しかった。自分はまだましな会社に入れたから幸せに思う。

全17件中 1 - 10件を表示

小林美希の作品

ルポ“正社員”の若者たち―就職氷河期世代を追うはこんな本です

ルポ“正社員”の若者たち―就職氷河期世代を追うを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルポ“正社員”の若者たち―就職氷河期世代を追うを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルポ“正社員”の若者たち―就職氷河期世代を追うの作品紹介

きついノルマ、長時間・過密労働、やりがいがあっても低賃金…激変する労働環境のもと、非正規雇用の増加と同時に、"正社員"とは名ばかりの、続けていくことが難しい働き方を強いられる若者たちの一群が現れてきている。その中心を成す二〇〜三〇代の就職氷河期時代世代、彼女ら・彼らに焦点を当て、若者が生きる現実を執拗に描く、渾身のルポルタージュ。

ツイートする