天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想

  • 18人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 室謙二
  • 岩波書店 (2011年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240321

天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1945~1972年の間の出来事が
    疾風怒濤のごとく綴られていく
    その時代
    「世の中の事」は「自分事」であったのだ
    確かな手応えとして
    時代を作っている一人として人が存在した
    そのことに
    鮮烈な印象を持った

    「今」を漂い流されている自分を
    思わず対比してしまった

全1件中 1 - 1件を表示

室謙二の作品

天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想はこんな本です

天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想を本棚に「積読」で登録しているひと

天皇とマッカーサーのどちらが偉い?――日本が自由であったころの回想の作品紹介

反戦運動の活動家として脱走アメリカ兵の国外逃亡を助けた筆者は、雑誌『思想の科学』編集代表、フリーランスの編集者などをへてアメリカにわたり、FBIに疑われながらアメリカ国籍を取得する。アメリカ人になるとは、いったいどういうことなのだろうか。本書はユニークな生き方を選び取った筆者が綴るアメリカ体験記であり、輝いていた戦後日本への追想である。アメリカと日本という二つの座標を手放すことなく、二つの社会と歴史を対比しつつ、人間の生き方や暮らし、革命などについて考える。誰にも書けないエピソードによって語られる日米交流史。

ツイートする