デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何か

  • 23人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 湯本雅士
  • 岩波書店 (2011年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240352

デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何かの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号:338.3/Yum
    資料ID:50063869
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 近年の各国の金融政策(BOJ, FRB, BOE, ECB)を概観できる。分かりやすい。またそれらの歴史に触れているのも、新参者にとってはありがたい。

  • どうしたら中央銀行の金融政策を理解してもらえるか。
    日銀の行動は政府・マスコミ・学者から
    様々に批判され、時には感情的に非難されることも。
    その中でも、元日銀行員である筆者は、
    (時に静かな怒りを見せつつも)
    冷静に日銀の金融政策について記述しております。
    市場が今日、「期待」を基に行動するので
    中央銀行の政策意図の説明責任を果たすことは
    ますます重要になってくると。
    巻末に詳細な文献目録が付されております。
    未読のものをどんどん読んでいこうと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

湯本雅士の作品

デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何かはこんな本です

デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何かを本棚に「読みたい」で登録しているひと

デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何かを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何かを本棚に「積読」で登録しているひと

デフレ下の金融・財政・為替政策――中央銀行に出来ることは何かの作品紹介

近年の経済危機に対し、日米欧とも財政出動の余力がなく、金融政策への期待はますます高まるばかりである。この本は、二〇世紀末からの日本の経験、リーマンショック以降のアメリカ、EUの状況を踏まえ、そこで採用された「非伝統的な」政策・措置とそれを支える金融理論について分析し、中央銀行に出来ることは何かを探る。

ツイートする