ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義

  • 21人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 芝 健介 
  • 岩波書店 (2012年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000245166

ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユダヤ人から掠奪、没収した財産や土地などを担保に成長した企業も多かった 。ユダヤ人の家財、ユダヤ人実業家所有の没収商品がヨーロッパの至るところで市場に出され売却されることになった。但し、それでも戦争およびドイツの供給不足、欠落をそれで完全に補うことはできなかった。

  • あまり詳しくない自分にはかなり難解でした…
    どのような資金調達をしていたかはよくわかりましたが、理解を深めるにはもう少しわかりやすい本を読んでからでないとこの本の価値がわかりませんね…反省(^^;

全2件中 1 - 2件を表示

ゲッツ・アリーの作品

ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義はこんな本です

ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義を本棚に登録しているひと

ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義の作品紹介

第一次世界大戦の敗戦とそれに続く「ドイツ革命」による体制崩壊後、疲弊したドイツ国民は、なぜヒトラーの政権獲得を支持したのか。ナチス・ドイツの国民統合は持続的な国民福祉による国家への動員によるものであり、ユダヤ人絶滅・アーリア化(資産強奪)計画はその手段であった。経済的側面から検証したヒトラーによる「国民国家」の真実。

ツイートする