ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ

  • 157人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (15)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
  • 岩波書店 (2009年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000246484

ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書の革新は第三部「ファシリテーションのこころ」にあると感じた。ファシリテーションを目の前の一会議や一イベントのためのツールと捉えず、「平和で持続可能な社会のため」に必要なコミュニケーションだと断言している点にスケールのちがいを感じずにはいられなかった。
    何かと効率が重視される社会の動きを懐疑的に見直し、参加者の次なる行動に結び付くよう深く納得された結論に至らせるファシリテーションを行うための姿勢が説かれている。

    スキルを身につけようと息巻く前に、どういう姿勢でファシリテーションに臨まなければならないのかという、よい気づきを与えてくれる著書であった。

  • ファシリテーションの実践例。分かりやすい。

  • すぐに使えるテクニックや体験記的なエピソード集もいいけれど、やっぱり心持ちのところが最終的に読むべきところな気がする。自然に。

  • ファシリテーションを初めて学ぶにも、スキルをより深めるにも役に立つ1冊である。体験談を交えた話もあるので非常に読みやすい。

  • **

  • 2013.08 技術論ではなく、実践事例紹介が中心。ビジネスから教育、地域課題の解決まで。どんな場面でどんな課題にファシリテーションが役立つのかよく分かる。ファシリテ-タ-も様々なタイプの方がいることが理解できる。

  • 会議が上手くいかないのは、積極性が低い事と協調性が低い事が主な原因。つまりお互いに活かしあえていないのだ。これを解決するには参加と相互作用を促す必要がある。参加とは意味を共有する事。相互作用とはお互いが影響を与え合い、考えや行動が変化する事だ。と書いている。理屈はわかるが、実例ないためイメージがわかない。たんなる理想論ではないかという気さえする。

  • 長尾先生推薦の著。読んで真新しいことを感じなかったのは、不登校の新人研修を始め、普段受けている研修の質がとても高い証拠なのだと思う。場を作る細かい心遣いはとても勉強になり、活かしていきたい。
    オリエンテーションのOARR
    1、OUTCOME
    2、AGENDA
    3、ROLE
    4、RULE
    はいつも忘れないようにしよう。

  • 章により、書き手が異なり文章の味付け方も違う。ただ、実例の後に導入が入ってくる構成なので入門書にはぴったりかと。

  • ファシリテーションとは何か、ファシリテーターとは何をすべきか、などを学ぶ入門書。平易な語り口で読みやすかった。

全10件中 1 - 10件を表示

中野民夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
シーナ・アイエン...
チップ・ハース
有効な右矢印 無効な右矢印

ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころの作品紹介

人が集って何かをしようとするとき、どうしたらお互いに活かし合い、創造的な成果に結びつけることができるだろう。そんな問いに答えるのが「ファシリテーション」です。企業、地域、NPO、学校などの現場で参加型の場づくりにたずさわる五人のプロ達の実践例をもとに、ファシリテーションの技法を紹介します。空間デザインや板書の効果的な活用法などすぐに役立つアイディア満載の実践テキスト。

ツイートする