平和は「退屈」ですか―元ひめゆり学徒と若者たちの500日

  • 22人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 下嶋哲朗
  • 岩波書店 (2006年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000247085

平和は「退屈」ですか―元ひめゆり学徒と若者たちの500日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私が参加してきた「虹の会」とひめゆりの先生たちとの歩みが記されてきた本。
    他の人の目から見るとこんな風に見えるのかと思った。

    まだ自分の中で消化できてない部分もたくさんある。

  • 元ひめゆり学徒と沖縄の高校生・大学生がいかに戦争体験を継承するかということに取り組んだプロジェクトを、追った本。
    「平和」とは「いのちそのもの」。戦争を体験しなくても、「こころで思い起こす」ことはできる。「犬死に」と靖国神社。
    心に響く記述が随所にありました。

  • ノンフィクション作家・下嶋哲朗が主催した「虹の会」の2004年8月の発足から500日にわたる活動記録、成果をまとめたリポートです。会の参加者は、戦争体験を語る元ひめゆり学徒の方々と、それを継いで新しく伝える「後継者」としての高校生、大学生といった若者たち。取り組みのきっかけは、ある平和集会で女子高生が発言した、元ひめゆり学徒の言葉が「こころに届かない!」という衝撃のことばからでした。「戦争を語り継ぐ」ということははたして可能なのか、そしてどんな意味があるのか、考えさせてくれる一冊です。沖縄にいる3人の外国人留学生もインタビューで登場し、内容に奥行きを与えています。

  • 考えさせられること多い一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

下嶋哲朗の作品

平和は「退屈」ですか―元ひめゆり学徒と若者たちの500日はこんな本です

ツイートする