思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史

  • 22人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 上野俊哉
  • 岩波書店 (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258913

思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配置場所】工大選書フェア【請求記号】121.6||U【資料ID】91132529

  • 上野俊哉『思想の不良たち 1950年代 もう一つの精神史』岩波書店、読了。本書は、近代日本の矛盾と葛藤と正面から切り結んだ安部公房、鶴見俊輔、花田清輝、きだみのる)を取り上げ、その思想の可能性を問い直す試み。戦争、メディア、民衆を切り口に、近代という「ずれ」に立ちつづけた四人の不良たちだ。

    彼らは「一つの立場に拘泥し、これに生命を賭ける、ということのばからしさをよく知っている」。だから不良なのだ。律儀に線路を走り続けるのでもなく、脊髄反射的全否定でもない。その苦渋に満ちた逸脱や倒錯の自覚的選択に著者は注目する。

    四人の不良は自己同一性への果敢なき抵抗で共通する。「『正しい』立場が見失いがちなアノニマス(匿名的)な知性の転回と倒錯に身構えてほしい」。現代社会をトランスローカルに俯瞰し、しなやかな知性と批判精神とは何かを学ぶことのできる、格好の一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

上野俊哉の作品

思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史はこんな本です

思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史を本棚に「積読」で登録しているひと

思想の不良たち――1950年代 もう一つの精神史の作品紹介

戦争期を経て戦後へ、日本の思想が孕まざるをえなかった転回や倒錯はなぜ生まれたのか。それを世界史的な視点から、また日本思想史に内在する視点から読み解くにはどのような方法が可能なのか。鶴見俊輔、花田清輝、安部公房、きだみのるを中心に、変移を外と内から生きざるをえず、思想的転回を試みた思想家たちをとりあげ、日本の近代を根底から問い直す。

ツイートする