イスラームと近代 (叢書 現代の宗教 13)

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中村廣治郎
  • 岩波書店 (1997年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000260831

イスラームと近代 (叢書 現代の宗教 13)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イスラム教の原理主義やイスラム復興運動について、ていねいに解説している本です。

    本書ではまず、ムハンマドに始まるイスラム教の歴史について、簡単な解説をおこなっています。つづいて、西洋近代文明と向き合うことでイスラム教のなかに変革を求め近代化を図っていこうとする動きと、それに反対する動きの両方が生まれてきたことが、具体的な歴史を紐解きながら説明されています。

    また最終章では、単なる西洋近代への同化でも反発でもなく、イスラム教の主体的な変革を通じて両者の相克を統合することへと向かっていこうとした、F・ラフマンらの「ネオ=モダニズム」が解説されています。

    イスラム教についてほとんど知識をもたない読者としては、非常にわかりやすく書かれていて興味深く読むことができました。

全1件中 1 - 1件を表示

中村廣治郎の作品

イスラームと近代 (叢書 現代の宗教 13)はこんな本です

ツイートする